散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

【報告】里見武将国府台戦後450年供養祭

梅雨入りのためでしょうか。関東一円、大雨注意報だったり、警報だったり、大変でしたね。
皆さんのお住まいのところは、どうでしたか?

さて、本日-2014年6月7日(土)。
里見武将国府台戦後450年供養祭です。
色々と心配しておりましたが、予定通り挙行されましたので、ご報告申し上げます。

会場となる市川市の里見公園。
ここは国府台合戦の古戦場となる場所で、当時は国府台城というものがあったそうです。この国府台合戦は二度行われており、今回は第二次国府台合戦にちなむ450年供養祭なのです。
DSCF2087.jpg
開催前から雨天のため御支度に余念がないのは、曹洞宗冨士山宝林寺の御住職。
この宝林寺は市原市の名刹で、国府台で戦死した正木大太郎信茂の妻・種姫(里見義堯娘)が開基したもの。
種姫はのちの曲亭馬琴が、『南総里見八犬伝』で伏姫のモデルにした人物と伝わっております。
本日の導師がこちらの御住職。なお、御檀家の皆さまも馳せ参じてくださいました。
松戸手作り甲冑愛好会の皆さまも、本日は駆けつけてくださいました。こちらの甲冑作りのご指導をなさっているのが、里見氏大河ドラマ化実行委員会幹事長です。世間は狭い!DSCF2091.jpg
そして、mixiのコミュニティ「NHK大河ドラマで里見氏を!」を通じて本日のために駆けつけて下された武者。北条系の甲冑イベントではおなじみの方も多いのではないでしょうか?DSCF2094.jpgここでは了承を頂いておりませんのでお名前を伏せておきます。

11時、予定通り開式です。
実行委員会の秋山県議からのご挨拶ののち、しめやかに供養祭のはじまりです。
きっと秋山県議もblogにUPすると思うので、楽しみに待ってます。
   こども達の声の聞こえる街づくりを秋山みつあき
DSCF2099.jpg雨もおとなしくなり、献花までスムーズです。DSCF2101.jpg
武者の陣貝が鳴り響くと、突然、一陣の風に木々がざわついて、堰を切ったような大粒の雨が。
供養された古の武者たちの泪雨でしょうか!DSCF2111.jpg迫力の槍演武。一同、息を飲む緊迫の空気に包まれます。
不思議なもので、無事に供養祭がおわると、雨もシトシトと穏やかなものになりました。
里見氏終焉400年の節目となる2014年に、450年供養祭が出来ましたことは、感慨深いものがあります。

お昼時でしたから、NHK千葉放送局にお声を掛けたらよかったですね?

このblogでは写真の制約や画素やら面倒臭くて、中途半端で御免なさい。写真はクリックすれば、全体を観ることが出来るはずです。たぶん。
mixiのコミュが観られる人は、ぜひ無修正版を御覧下さい。。。




さて、里見氏大河ドラマ化実行委員会HPで連載されている書き下ろし小説。
ぜひご感想を、HP宛にお寄せ下さい。
里見氏大河ドラマ化実行委員会クリック


     ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ 

maingazo3-624x227.png                               里見氏大河ドラマ化実行委員会http://satomishi.com/

熱くなってきたよ、里見氏。ねっ

ここで、緊急告知!
上記「里見氏大河ドラマ化実行委員会HP」において、2014年4月3日から、夢酔の小説が連載開始!毎週木曜日に更新されます。どうぞ末永く御愛顧賜りますようヨロシクお願いします。里見氏を皆さんに知って貰いたい一心での、試みです。このblog同様、御愛顧賜りますようお願い申し上げます。

2014年。
新しいことを始めて欲しい、そんな気持です。

戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2014/06/07(土) 16:21:45|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<国府台逍遙 | ホーム | 里見武将国府台戦後450年供養祭 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/124-c3318619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)