散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

城のイベント論

里見の城。
皆さんはどれほど知っていますか?
館山城しか知らない方が、殆どかもしれませんね。でも、とりあえず五体満足なら赴くことの出来る城跡は、少なくとも、これくらいはありますよ。
稲村城趾(館山市:国指定史跡)
岡本城趾(南房総市:国指定史跡)
白浜城趾(南房総市)
滝田城趾(南房総市)
宮本城趾(南房総市)
明星山城趾(館山市)
南条城趾(館山市)
神余城趾(館山市)
勝山城趾(鋸南町)
佐貫城趾(富津市)
造海城趾(富津市)
金谷城趾(富津市)
久留里城趾(君津市)
まあ、他にも挙げれば出てくるんです。それくらい存在しているんですね。

で、何がいいたいかというと、こうした城を軸としたイベント、引いては大河化の起爆剤になりそうな城関連のまつり。
北条勢は近年活発に行っているなという点が気になるんです。
個々の祭りが、集大成の輪の中にあるような、点と点を結んでいるんじゃないかと思うような。
以前は北条早雲で大河化運動していたあちら側も、近年は北条五代で運動しています。特定人物の特定地区だけが潤う作戦から、広域に渡り潤う作戦に変更したんでしょうかね。

でも、地域活性には、いい作戦だと思いますよ。
ひとつのテーマ(大河化)のもと、地域が独自のカラーで発信していけるんですからね。

で、どんな城イベントをやっているものか、北条のそれをちょっと俯瞰します。
小田原北條五代祭り(小田原城)http://www.odawara-kankou.com/event/05/
元八王子北條氏照まつり(八王子城)http://hachioji-machinavi.jp/event2013102001/
寄居北條祭り(鉢形城)http://yorii-kanko.jp/hojo.html
戦国滝の城まつり(滝の城)http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/tokoronews/event/omaturi/takinojyomaturi2013/
三島山中城まつり(山中城)http://list.tabiiro.jp/201340.html
もっとあるかも知れませんが、とりあえずここまで。
これらのイベント、近年は歴史アイドルを動員したりプロモートが専門的になりつつあります。まるで真田関連イベントのノウハウが流入しているのではと、つい感じます。

里見関連としても、列記のとおり、素材がたくさんあることは判明しました。
既に個体でイベントを成立しているところもあります。
館山城 南総里見まつり
久留里城 久留里城祭り
国府台城 里見公園さくらまつり
点と点を線で結ぶよう、関係者各位の創意工夫で、まだまだ里見の利用価値は地域に貢献してくれるような気がしますよ。

期待しています……

blogを読まれた方、「もっといい案があるよ」とか、ご意見がございましたら、ぜひコメント欄にお寄せ下さい。
ここでの書き込みを、実行委員会の耳に届けます。
そこから行政や民間に何かが発信できれば、きっと何かが変わる予感がするんです。
よろしくお願いします。


さて、里見氏大河ドラマ化実行委員会HPで連載されている書き下ろし小説。
いよいよ里見義通や実堯も登場しました。
ぜひご感想を、HP宛にお寄せ下さい。
里見氏大河ドラマ化実行委員会クリック






     ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ 

maingazo3-624x227.png                               里見氏大河ドラマ化実行委員会http://satomishi.com/

熱くなってきたよ、里見氏。ねっ

ここで、緊急告知!
上記「里見氏大河ドラマ化実行委員会HP」において、2014年4月3日から、夢酔の小説が連載開始!毎週木曜日に更新されます。どうぞ末永く御愛顧賜りますようヨロシクお願いします。里見氏を皆さんに知って貰いたい一心での、試みです。このblog同様、御愛顧賜りますようお願い申し上げます。

2014年。
新しいことを始めて欲しい、そんな気持です。

戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2014/05/24(土) 06:05:14|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<里見武将国府台戦後450年供養祭 | ホーム | 2016年大河>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/122-93c1464d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)