散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

2016年大河

先日、2016年大河ドラマの発表がされました。

里見氏大河運動と同じ2014年を目していた、真田に軍配が上がりました。

あちらも長年、運動を続けていました。
5年くらい前に赴いた上田で、その熱気に、すっかり圧倒されたことが、つい昨日のように思い出されます。
まずは、祈願成就、おめでとうございます。

ただ、今回は、先に脚本家ありきで、あとから素材発表でした。
その脚本家の大河は2回目ですが、たいへんに惨かったことを記憶しております。
同じノリで執筆されたら、せっかくの真田がどうでしょうかね。
そんなことも感じない懐の広さがあるのでしょうかね。

これは、個人的な感想です。
もし、その脚本家が里見を選択したら……ぞっとします。
絶対に「おもしろおかしく」にしか、扱わないでしょうね。
仕切り直しで、むしろ良かったとさえ感じています。
でも、これは個人的なこと。
実行委員会は、きっと悔しい思いをされたのではないでしょうか。

リベンジしましょう。
皆さん、ご声援よろしくお願いします。


さて、里見氏大河ドラマ化実行委員会HPで連載されている書き下ろし小説。
いよいよ里見義通や実堯も登場しました。
ぜひご感想を、HP宛にお寄せ下さい。
里見氏大河ドラマ化実行委員会クリック






     ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ 

maingazo3-624x227.png                               里見氏大河ドラマ化実行委員会http://satomishi.com/

熱くなってきたよ、里見氏。ねっ

ここで、緊急告知!
上記「里見氏大河ドラマ化実行委員会HP」において、2014年4月3日から、夢酔の小説が連載開始!毎週木曜日に更新されます。どうぞ末永く御愛顧賜りますようヨロシクお願いします。里見氏を皆さんに知って貰いたい一心での、試みです。このblog同様、御愛顧賜りますようお願い申し上げます。

2014年。
新しいことを始めて欲しい、そんな気持です。

戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2014/05/16(金) 20:07:57|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<城のイベント論 | ホーム | 正木氏の足跡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/121-a8767d4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)