散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

【里見八賢臣】正木頼忠

第八 正木頼忠


 里見家臣団に正木氏は多い。しかし同族ということもなく、その派生の過程は謎である。ただ、大多喜正木氏が、一際輝くのみである。それは伝説の正木時茂の存在もあるが、その名跡を継いだ里見義康の弟の存在も大きい。義康の弟は正木氏の名跡を継いだとき、諱に時茂を頂いた。従って里見の歴史には、二人の正木時茂が登場し、異なるその時代の柱石を担っている。
 題記の正木頼忠は、外房正木氏とよばれる血統だ。これは伝説の正木時茂の弟で、勝浦城を切り取った正木時忠の五男である。時忠は第二次国府台合戦で里見氏が敗退したとき、あろうことか北条氏に寝返った人物だ。よって頼忠が歴史にその足跡をはじめて刻むのは、父によって小田原へ人質に送られたことで始まるのである。この人質時代が、のちに彼の運命を左右するのだから、歴史とは気紛れで面白い。

 小田原に送られた正木頼忠。人質といいながらも、軟禁状態ではなく、むしろ寄騎のように扱われたようで、あらゆる戦場に加担したようである。というのも、当時はまだ北条氏康が存命で、とかく人物と見込めば大事にされていた風潮が小田原にはあったようだ。
 ここで長じた頼忠は、北条一門の北条氏隆の娘と結婚した。これで名実共に北条の眷属という運命が、彼に待っている筈だった。北条氏隆の娘とは仲睦まじく、子宝に恵まれた。
 ここで最初の、運命の歯車が廻る。
 父・正木時忠は晩年に里見氏に詫びを入れ帰参し、やがて没した。相続した嫡男・時通は家督を継いですぐに病没した。おりしも里見と北条の房相和与の時期である。
「実家の家督を継がれよ」
 北条氏政は頼忠を安房へ帰参させたのだが、離縁をもさせたという。嫡子だけを安房へ同行させ、妻と他の子とは離別させたのである。
「妻子と暮らしたくば、よく家中に分け入り、里見を弱体せしめて小田原へ戻られよ」
北条氏政のまとわりつくような言葉が、頼忠の耳から離れない。氏政は手を汚さずに事を為そうとする男だ。悪くいうなら、他力本願の誇大妄想癖。そのためか、正直なところ、頼忠は氏政のことが大嫌いだった。
 帰参の折、岡本城で里見義頼に触れ、頼忠の心は氷解した。
「苦労しただろう」
 その第一声に、頼忠は目を丸くした。
「外房正木氏の過去は不問じゃ。今はそなたという人材こそ大事である。過去は忘れて励んで欲しい」
人の上に立つ資格をもつ人間の器に触れて、頼忠は圧倒された。この瞬間、頼忠は北条の過去を捨て、里見氏にすべてを捧げる決心をした。

 時代は動いた。
 本能寺の変により、羽柴秀吉が世の寵児として躍り出た。里見は秀吉に接近したが、北条は徳川家康に接近した。立場が異なれば、和睦も危うい。
 正木頼忠は北条氏隆に密書を送った。頼忠は子供たちをすべて引き取るつもりだった。まずは当面、次男の為春を要求した。この想いは、氏隆によく伝わった。可愛い孫の前途のためなら、北条に置くより里見の側がいい。氏隆は秀吉にことごとく張り合おうとする氏政の狭量に、北条家もこれ一代と、褪めた判断をしていた。使者の申し出に応じた氏隆は、為春をよく諭して送り出した。これは氏政の知らぬことである。のちに氏隆は役目を終われ伊豆に引き込んだ。

 やがて、天下総仕上げの小田原征伐が起こる。北条氏は豊臣の大軍勢の前に滅び去った。
 頼忠はこの合戦にあたり、子供たちの安否を気遣い、戦後、手元に引き取る。ただ一人、娘の万だけは、この合戦中、徳川家康に見込まれ側室として迎えられていた。このことが、更に頼忠の運命を左右するのである。

 小田原征伐で上総国を失った里見氏は、家臣団を安房一国に迎えなければならなかった。勝浦を失った頼忠は安房にて出家し、禄を切りつめる一助に徹した。しかし外房正木氏の総帥たる頼忠にはまだまだ役目も多く、簡単に出家も出来なかった。

 慶長三年、徳川家康は秀吉の五大老として重い立場にあった。側室となった万の口添えで、頼忠に徳川家への仕官の誘いがあった。頼忠は里見氏に骨を埋めるつもりでこれを固辞したが、当主・義康のはからいで次男・為春が徳川家に出仕した。この頃には、徳川家康と里見義康は緊密な関係となっていた。
 この年、豊臣秀吉が没した。
 慶長五年。関ヶ原合戦。里見家は宇都宮城で結城秀康に従い上杉景勝に備えていた。この功で里見氏も加増された。
 間もなく義康は病没し、一〇歳の忠義が里見の家督を継いだ。忠義は幕府年寄・大久保忠隣の孫娘を妻とし、徳川家との関係は良好だった。家康が駿府に城を構えて、大御所と呼ばれる頃、万のはからいで正木頼忠も駿府に屋敷を置いて里見家との仲介役に徹した。
 しかし、大久保長安事件により、幕府で派閥争いが生じ大久保派が粛正された。里見家もそのあおりで倉吉に改易となってしまうのである。
 頼忠は駿府に留まり、娘からの情報を頼りに、倉吉の里見家を救済する道を摸索した。
 しかし、里見家は遂に許されず、滅亡するのである。

 徳川家に仕えた為春が紀州徳川家の家老として迎えられると、正木頼忠もこれに従い、和歌山へ赴き、そこで生涯を終えたという。




 資料に乏しい中での小説です。
 史実に脚色もござれば、寛容にお楽しみください。


     ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆ 

maingazo3-624x227.png                               里見氏大河ドラマ化実行委員会

熱くなってきたよ、里見氏。ねっ


2014年。
新しいことを始めて欲しい、そんな気持です。

戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2014/03/21(金) 05:48:43|
  2. 書き下ろし作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【里見賢臣列伝】淳泰 | ホーム | 【里見八賢臣】中里実次>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/113-6b020349
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)