散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

「春の国」夢酔藤山作 原画展

南房総方面のフリーペーパー「CLIP」
ご当地の人ではないので、実は夢酔もよく知りませんでした。
が。
そんな罰当たり野郎が、この「CLIP」に、なんと載せて貰えるという果報に恵まれました。

こちらをクリックhttp://clip.m-boso.net/ai1ec_event/yumenokuni/?instance_id=

記事の主役、実際には、夢酔が……ではなく、山鹿先生ですけどね
どうですか?
観に行ってみませんか?

この原画展は、6年くらい前に房州日日新聞で連載された小説「春の國」の挿絵を請け負ってくださった山鹿公珠先生のギャラリーで催されるもの。
連載修了から5年を機に、反響の大きかった原画をもう一度公開するというものです。
つまり、チャンス再来

5年前の原画展は、夢酔の講演会とセットでした。
当時は、稚拙な散文を山鹿先生の水墨画によって、本当に助けられた連載だったと記憶しております。しかも新聞連載二本を抱えた時期で、まったく恥じ入るところです。みんな挿絵のおかげ。それほど評判だったんです。


「春の国」夢酔藤山作 原画展
 日時 2014年2月6日 – 2014年2月24日
 場所 ギャラリーsfk
    地図も載ってるので、場所はここを検索ねhttp://clip.m-boso.net/ai1ec_event/yumenokuni/?instance_id=
 問い合わせ先 ギャラリーsfktel0470・36・3052
 開館時間 11時〜16時
 休館日 火曜・水曜
そ・し・て……16日(日)14時〜、記念ライブ開催。出演:鶴勝英さん(パーカッション)ほか。会費:2000円
16日は、夢酔も参上するつもりです。何か、サプライズとか、あるのかな……ワクワクすっど。


こんな情報を載せてくださった「CLIP」に感謝

いえいえ。情報発信は、ここだけじゃありませんでした。

オープンしたての里見氏大河ドラマ化実行委員会公式HP。
最初の情報発信が、なんと、この原画展なのです。
なんという果報。
これは、皆さん、ぜひ南房総へお越し下さるしかないですね。

これからの季節、南房総は一足早い春を満喫できます。
2月1日に行ってきたから、これは間違いない情報です。
             ほら
              
DSCF1920.jpg
行こうよ、南房総へ。
そして、原画展も見よう。
9日ならば、「岡本城と里見氏ハイキング」がオススメ。
6-24日期間中開催日なら、原画展。
そして、16日は原画展で記念ライブ。夢酔も行くよ。

maingazo3-624x227.png                               里見氏大河ドラマ化実行委員会

熱くなってきたよ、里見氏。ねっ


2014年。
新しいことを始めて欲しい、そんな気持です。



戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2014/02/04(火) 20:04:11|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【里見八賢臣】正木時茂 | ホーム | 家臣団、もっと知られ隊!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://musuitouzan.blog.fc2.com/tb.php/104-cafe5465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)