散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

2016如月最後の夜

4年に一度の、2月29日。
どこぞのスーパーでは「肉の日」なんぞと洒落込んでございます。
さて、明日よりは弥生三月です。

二十四節気によれば、2月29日から3月4日を
草木萌動
と申します。えっ、読めない?草木に萌える?馬鹿なことを……。゚(゚^∀^゚)σ。゚
これは
「そうもくめばえいずる」
と申します。
冬枯れの野山に、いっせいに草が萌え始める。土筆も顔を覗かせ始める。いわゆる〈木の芽時〉という季節を表しているのですよ。最近、場所によっては雨も多い。この雨も〈木の芽起こし〉といい、植物の芽吹きを助けるもの。世の中は、暦だけではなく、着実に季節の変わり目を形としているのです。

肉だけの日ではございません。


些末ながら、歴史研究にまたもや寄稿文を披露させて頂きました。
来月号の校正依頼も頂いたので、次回も楽しみです。
のんびりしすぎて、準備稿が遅れております。こういうことではいけないのですが、季節の変わり目には野暮用がまことに重なるもの。因果なことです。
3月13日まで、な~んにも準備をしていないので、もう少し焦らねばと思っております。












戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2016/02/29(月) 21:54:54|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「夏の波濤」原画展、開催

2月18日(木)から「夏の波濤」原画展が開催されました。
もう足を運んでくれた方がいたら、嬉しいです。

今回は332回分より100話の挿絵原画を並べました。
新聞ではちっぽけな挿絵を、原寸大和紙で拝見できる貴重な機会です。どうかお見逃し無く。

南房総生活情報誌CLIP(クリップ)でも紹介してもらいました。
http://clip.m-boso.net/event/sfk_natsunohatou01/?instance_id=7407

房州日日新聞でも、2月20日号で紹介してくれます。
http://www.bonichi.com/News/item.htm?iid=10739

この作品は、大勢の方の協力と情熱と想いと支援に支えられたものであり、たかが散文を並べただけの夢酔ひとりでは為し得なかった作品です。
だから、原画展の主役は挿絵であって、三文小説を書いた人は添え物に過ぎません。
そう思って、いろいろと感じたり考えたりしながら、原画を楽しんで欲しい。
会場には二冊のファイルが置いてあります。一冊は、このブログより抜粋した散文。インターネットのない方もまだまだおられる、そんな方に、ちょろっとでも気の抜けた作者の声を伝えられたらと思いました。もう一冊は、取材の写真とそれに関する一言。インドアじゃなくアウトドアな執筆を感じて欲しいので、ついつい作ってみました。
カレーに甘いモノを入れたり、スイカに塩を振ってみたり、なにか見当違いなことをしてみたら原画が引き立つかなぁって、ついついやってみました。
毒になるか、薬になるか、御覧になりましたら、ぜひ御感想をお寄せ下さい。

3月13日。
皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。



前日、都内ではこういう企画があるんです。欠席して御免なさい。
http://blogs.yahoo.co.jp/history_kamigami_fuji_oshi_1906/55923603.html

当日、埼玉でこんなイベントがある。
http://www.town.moroyama.saitama.jp/www/contents/1297328351172/
観たかったな……



今日、房総里見会から封書が届きました。
2015年9月刊行の「鎌倉」に掲載された、滝川恒昭先生の論文です。ありがたい。年を重ねる事に、里見の新しい発見がある。これは、先達の蒔いた種の結晶なのかも知れません。












戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村

  1. 2016/02/19(金) 22:24:10|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

サ・ト・ミの日 -2016.3.13-

お知らせです。。。

「夏の波濤」原画展、開催日時が決定しました。
挿絵を頂いた山鹿公珠先生のギャラリーsfkで、2月18日(木)~3月14日(月)までの展示。今回は332話より100話分を1期として公開します。残りは2期として公開しますが、詳しい時期はまだ未定です。
IMG_20160206_0001.jpgIMG_20160206_0002.jpg

そして、3月13日(日)はゴロがいい「サ・ト・ミ」の日なので、トーク&ライブが開催されます。
トークはお粗末ながら夢酔が受け持ちます。
更にライブ「春の調べ」として、馬頭琴奏者・美炎mihoさんの演奏。
そして里見香華社中より舞をお届け。
盛り沢山の二時間です。 
IMG_20160206_0004.jpg

馬頭琴奏者 / 美炎 miho 公式サイトにおいても、案内の発表を頂きました。
 http://miho-batokin.com/miho-blog/1820/#comment-677
感謝。



続編再開の弾みになれば幸いです












戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2016/02/06(土) 18:03:10|
  2. ご案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0