散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

第49回大月市文化祭 、行ってきたよ……!

昨日から開催されました第49回大月市文化祭全容はこちらをクリック!
行ってきました……!
昨夜遅くまでだったから、朝一で酒抜くついでにタマネギを畑に植えようと思ったら……苗が100本腐っちゃって。すぐに植えないとダメだな……でも、貧乏暇なしなもんで。仕方ないから店が開くのを待ってから改めて苗を購入。急いで畑にチャッチャッチャッ
それが終わってからの推参です。

151031_171721.jpg
たくさん色々とあるけれど、行くところはひとつだけですので、脇目もふらずに赴きます。

今回の目玉は、掛け軸。
モノによっては初お目見えのものもあるらしいですよ。
DSCF4757.jpg
これはね、直接目で確かめてほしいです。
2015103101.jpg2015103102.jpg2015103103.jpg2015103104.jpg2015103105.jpg

まえに刀剣手入れしたときに触れたの佩刀も展示されています。DSCF4760.jpg
DSCF4761.jpg
ただの市民文化祭と侮るなかれ!

でも、いちばんの展示は、そこで大勢の人に逢って話を聞かせて頂くというところから始まるんだと思います。
武田ファンも戦国ファンも、まずは身近に伝わりし収蔵品を目に出来るまたとない機会です。



房州日日新聞連載作品「夏の波濤」も、東の関ヶ原を終え本日より新章に入ります。
こうご期待。







このblogの特徴は、どうにも写真の右側が欠けやすいという点です。
写真をクリックすると、消えている部分を含んだ全体像が紹介されるので、
御手数でも、関心のある写真はクリックしてください。
隠れたキャラクターが見つかったら、ラッキーですよ~(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ







戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/10/31(土) 17:50:41|
  2. おやま~小山田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第49回大月市文化祭

第49回大月市文化祭。が今週末から展示の部が始まります。

 
今年も文化祭にて、
小山田氏関連の展示がございます。
今年はなんと、都留市ミュージアムに収蔵されている実物を中心に展示するとの情報を、本日入手しました。


小山田家先代御正室の御言葉をお借りすると、件の如しです。
小山田信茂 出陣の図
刀剣:照重の脇差、永禄年間、彫は不動王 伝信茂佩用
8代信澄(号冨春)父子兵法談義の図
猿橋の図(江戸初期)
富士山の絵図
初公開です。史料が劣化する前に多くの方に見ていただきたいと思っております。
その他、幕末の有名な書画を用意しています。
小さなものは鍔、小柄、根付などです。

たいへん貴重な情報を入手しました。みんな、予定はないか?ないな?よし、大月に行こう。

第49回大月市文化祭(平成27年度)大月市HPより、日時会場ならびに配置箇所をチェックしてください。
どや。
4階が展示の場かな。

展示の部
会期  10月30日(金)~11月3日(火・祝)
     AM9:00~PM5:00 ※最終日のみPM4:00終了



えっ?
夢酔は来るのかって?
恐らくですが、31日(土)か1日(日)のどちらかの都合がつけば、現れると思います。
会場で見かけたら声を掛けて下さいね。。。


去年は、高野山行ったその足で、大月まで駆けつけました!
DSCF2927.jpg
それに比べたら、今年は穏やかなスケジュールですわ。


色々なモノが世に出てくる機会が増えたことで、郡内小山田氏への関心が強くなってきたんじゃないかな?
2015年は、試みの一年だったように思います。






このblogの特徴は、どうにも写真の右側が欠けやすいという点です。
写真をクリックすると、消えている部分を含んだ全体像が紹介されるので、
御手数でも、関心のある写真はクリックしてください。
隠れたキャラクターが見つかったら、ラッキーですよ~(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ







戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2015/10/26(月) 20:28:19|
  2. おやま~小山田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南総里見まつり後 2015.10.18

カメラの乏しい状況下で焦れったいまま、まつりの翌日を迎えました。
房日新聞連載小説の最終部分を修正するという話でしたが、帰宅後になるんだなぁとぼやきつつ、宿泊先のいろんなものを目通ししていたら……えっ、ノートパソコン貸出1,000円?しかも台数限定?ええ?ずっとここを使っておりましたが、そのような貸出機能があろうとは、初めて知りました。
実は、夢酔は普段からメモリースティックを持ち歩いている男なのです。
次回から借りようっと。少し残念な気分でした。

その連載の終わりにあたり、色々と思うところが昨日から渦巻いていました。
いいのかな。
これでいいのかな。
夢酔は相手が生きている人だろうが亡くなっている方だろうが、とにかく神経質に考える奴です。端から見たら理解不能の変態という紳士に映るかも知れません。でも、やはり蟠ると、落ち着きません。
朝一番で向かった先は、曹洞宗籐谷山慈恩院。ここには「夏の波濤」の主人公・里見義康の墓所がございます。
DSC00016.jpg
書かせて頂けたことへの感謝!
そして、この先の結末表現への深い反省と謝罪。
生きている相手と同じように、頭を下げまくりです。こんなとき生きてる人が相手なら、どんなに楽か。とことん怒られてむしろ清々としちゃうか、必要以上に慰められて恐縮するか、大概どちらかです。物云われないことは、キツイです。自己完結できない。この気持は最終回まできっと引き摺るんじゃないかな。

昨年「里見氏安房国替400年の供養祭」の導師をお務めされた副住職のblogに少しコメントを残しましたが、公の場なので挨拶ということで。
そうか、あれから1年経つんだな。
シミジミ……( ̄^ ̄)ゞ

いつも手を合わせるお隣にも足を運びました。高野山に行ったのも、去年のことだったね。
DSC++00018.jpgシミジミ……( ̄^ ̄)ゞ
151018_082901.jpg旅人には辛い。
秋の風物詩です。地元の食卓に彩りを……!

写真はないですが、そのあと、館山市立博物館へ行きました。
昨夜、疲労と複雑な想いで酔ってたので、ご迷惑をおかけしたかもしれないなぁと……でも、館長お休みでした。
その後、里見香華会長のお誘いで、安房國総社鶴谷八幡宮の宮司さんとお会いし、ご多忙にも関わらずお話しを賜りました。地元の方の一言は、どんな名書の百字にも勝ります。

里見会長とも別れて、いよいよ帰路です。
寝たらダメだ!
365日安全運転運動継続中
151018_134710.jpg
お土産も、たくさんの菜の花も買った。水分も買ったので大丈夫。14時台のフェリーを目指したら……由々しき状況になっていましたΣ(゚□゚(゚□゚*)!!
151018_140508.jpgどーして?
どうやら「海上自衛隊観艦式」のため、運休になってしまったらしい!
帰ってから仕事をする身の上の者にとって、ここでの2時間ロスは痛い

151018_140520.jpg
フェリー会社の方から済まなそうにこれ貰った。
でも、時間はお金では買えないんだよ~~~~~~~~!
151018_141553.jpg

今できることは、ただひとつ。
DSC00023.jpg
意味もなく通り過ぎる国防の精鋭を指くわえて誇らしげに見ているだけです!
DSC00019.jpg            DSC00021.jpg
疲労している輩にとって、果てしなく退屈な時間ですね。
DSC00020.jpg
自衛隊艦船を縫うように久里浜からこちらに向かうフェリーが見えたときの感動は、言葉に出来ませんでした。つくづく愛国心がない俗物だなと、あとで反省したことは申すまでもございません。
写真、クリックしてぜひ全景を楽しんで下さい!
                  
151018_144833.jpg
さらばだ、南房総。DSC000+31.jpg
ええい、写真はクリックして全景を楽しんでくれ!
11時の方向に友軍艦が接近!DSC000+34.jpg
全速力で本艦前方を通過せり。航海の安全を祈る!DSC000+35.jpg
なんか、もう、リアル「坂の上の雲」気分です。151018_153840.jpg

ワシは何をしに安房まで行ったのか、この航海ですっかり忘れてしまいました。やれやれ、アホだなぁ。

久里浜近くでフェリーと擦れ違うのは、ダイヤが不均一の証拠ですね。151018_155000.jpg

日本丸がお出迎えです。
DSC00+0+32.jpg
すっかり西陽になってます。せめて1時間早く上陸できたらと、悔やまれます。こちとら、帰ったら鉄腕DASHも観ないで仕事すんだよ。つか、渋滞で何時に帰れることやら……云いたくなるんですよ。云わせてください。どーせ、ここだけの遠吠えです。
151018_155845.jpg

なんか、疲労はピークに達してしまいました。
その日のうちに最終話修正も完了、房日新聞社へ送信してすぐに意識が錯乱したのは申すまでもございません。
作家に憧れるみんな。
こういう不摂生かつ無謀な行動を絶対に真似してはいけないよ。
ここに旅の締め括りの、偽らざる心境がある!

今回も大勢の皆様にご迷惑をおかけしながらも、惜しみないご声援や元気や知恵やとにかくたくさんのモノを貰いました。
安房国。
いつも夢酔に優しくしてくれて、感謝
 







このblogの特徴は、どうにも写真の右側が欠けやすいという点です。
写真をクリックすると、消えている部分を含んだ全体像が紹介されるので、
御手数でも、関心のある写真はクリックしてください。
隠れたキャラクターが見つかったら、ラッキーですよ~(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ







戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2015/10/20(火) 22:46:32|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南総里見まつり 2015.10.17

一夜明けたので、体力30%まで回復。
肉筆で手紙書いたら、漢字の誤記が多すぎて愕然。まだ脳みそまで回復してないようだね。
さて。
あらためて2015年10月17日を振り返ろう。
まず、今回は最初から、夢酔はどこか壊れていたようだ。持参したカメラの充電を忘れたので、使えない荷物を抱えたことに(。>(ェ)<。)エエェェェ しかも、携帯電話の充電器も持ってこなかった。ガラケーだから省エネ行動で凌ぐしかない。そんなガラケーにカメラ機能も委ねる。なんということでしょう。

しかも……!
151017_060746.jpg日本丸きてるぞ。
IMG_20151019_0001-1カメラなくてすまん

今回は最初にやっておくことがある。
挿絵の打ち合わせだ。
いつもここで長居をしてしまう。気がつくとお昼前、ご飯一緒にと約束しているので、房日新聞へ急ぐ!
大事なことをお話ししたけど、
まだここでは云えないな。
数ヶ月待ってくれ。時が来たら話す。
3時にまた会う約束をして房日新聞社を辞し、南総里見まつりの会場へ足を運ぶ。
IMG_20150923_0001.jpg
今年は出陣式は海から。しかも、甲冑隊は少ない。どうしたのだろう。
どうやら天気が悪くて、17日朝に手作り甲冑隊は中止になったそうな。しかし、天気は雨の素振りもないまま、お昼を迎えた。しかも常連の、遠方からの出陣部隊は中止決定前に電車の中。諸般の事情はあると思いますが
「急に降られてもいいなら、いる人だけでも出陣しませんか?」
という一言が欲しかっただろうな。
いや、変だなぁと思ったんだよ。いつも里見を盛り立ててくれる「松戸手作り甲冑隊」の皆さんが、黒いTシャツ姿のままだったから、あれぇって。
残念でした。
DSC0000+6.jpg   DSC000+10.jpg
パレードでは役に扮した市長が伏姫のボディーガード風。DSC000+15.jpg        
停まると待ちきれずに、馬はぐるぐる回って、とうとう座り込んでおりました。DSC000+13.jpg
遠方から見物に来た人の目には、勇壮なイベントに映ったのかな。
それとも地元の祭くらいにしか見えなかったのかな。
意見はたくさん吸い取って、ぜひ、来年のにして欲しいと、心から祈るところです。
余所者の戯言ですので、館山の皆さま、お気を悪くなさらないで下さい!
パレード中、福井さんと房日新聞社長と3ショットを頂きましたが、それはサイドバーのリンクにある「福井功@まちづくりプロデューサーのブログ」から探してください。なんか貌が疲れているのが分かって、辛いぞ、夢酔!

3時から再び房日へ。
記者さんにご案内いただいた先は、稲の先の大井というところ。web版では紹介されていませんが、喜連川の嶋子さんのことに情熱を傾けておられる方が18日号に載るとのことで、ご案内頂きました。小弓公方系図を書いて人物関係を整理する等、きちんと研究されている方でした。新聞紙面を載せたいところですが、うちは郵便が届くのが遅いので、残念!
益々のご活躍を楽しみにしております。

夜はいつもの汐舟。
館山にきたとき、開いてたら必ず寄る場所です。前回は去年の高野山からの帰りのときに寄ったから……10ヶ月ぶり。なかなか泊まりで来られなくて、済みません。少し遅れて、山口幹事長が駆けつけて参りました。
カンパーイ
この日はお客さんが初物だという菜花をお店に持ってきました。10月なのに、菜の花です!
151017_182440.jpg151017_182705.jpg151017_183753.jpg
凄いですね。夢酔の棲息地では、考えられません。

途中で岡田館長夫妻がお出でになりました。会えてよかった!

来年は斬新な企画になればいいなとか、もともと城祭りからスタートだから出陣式はそこでやって欲しいなとか、山車と甲冑行列は上手に時間とかをズラして「観光祭」と「地元祭礼」の両方が際立てばいいなとか、四方山なことを含んだ毒もある話題をしつつ、夜が更けました。

この日は朝2時45分起床。
3時30分出発。
5時30分久里浜港着という、睡魔との戦いでした。プラスその前からの疲労蓄積でしたからね。
部屋に帰ったら、すぐに寝落ちしました。



おまつりに関わった皆さま。151017_133145.jpg                               お疲れ様でした!

翌日編もハードだったので、更新をお楽しみに。






このblogの特徴は、どうにも写真の右側が欠けやすいという点です。
写真をクリックすると、消えている部分を含んだ全体像が紹介されるので、
御手数でも、関心のある写真はクリックしてください。
隠れたキャラクターが見つかったら、ラッキーですよ~(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ







戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2015/10/19(月) 22:28:43|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

南総里見まつり2015

行ってきました。
IMG_20150923_0001.jpg
昨日、帰りが遅くなりblogまで手が出なかった。
先に原稿直しをしなければいけないから……やはり、その場で修正できるノート持参が理想だな。仕事はその場でやりことが、絶対必要だと思っていたけど、今回こそ痛烈に感じた。疲労帰宅してから仕事しても、いいことはない。
そんなわけで、やっと修正したので寝ます
報告はのちほどで、すまん。

雰囲気は、房日新聞で察してください。
      
 房州日日新聞web記事






このblogの特徴は、どうにも写真の右側が欠けやすいという点です。
写真をクリックすると、消えている部分を含んだ全体像が紹介されるので、
御手数でも、関心のある写真はクリックしてください。
隠れたキャラクターが見つかったら、ラッキーですよ~(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ







戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2015/10/19(月) 06:22:32|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ああ、これ、ひとりごと

2015年の下期朝ドラは、ちょんまげスタートという変わり種。
「あまロス」の夢酔をちょっと癒すのが嬉しい。
今週は大河ドラマと同じ役どころで、山本耕史が土方歳三で登場する。ちょんまげ朝ドラだから許される芸当ですな。これで福山まで通行する龍馬やってたら笑えるのに……( ^o^)<ンンンンンンンンンンンンンンンww
でも、朝ドラと大河のキャスト一緒という
ありそでありえなかった垣根の往還という発想。実は夢酔の脳内にはあった。
あくまで脳内、ね。
もう知ってる人は知ってる話ですが
seijyoP.jpgこの作品を連載した動機は
「私が本当に観たい朝ドラ」
というテーマだったのですね。連載当時はまだ、ゲゲゲとかの何本か前で、朝ドラが(私的に)おもしろくなかったんです。だから、反動というか反発というか、そういう勢いで書いた作品でした。単行本化されてから大河ドラマで新島八重が出てきて、
ああ、萩原タケが同時期朝ドラだったら、タケが大河に特別出演して、八重が朝ドラに特別出演する、往還キャストが出来るのになぁと思いましたよ。脳内のことだから、人に云うと危ない奴になるので黙ってましたが。
だから山本耕史の起用は、
なんとなくNHKの柔軟さを勝手に感じて安心した想いです。
朝ドラだなんて偉そうなことをお笑いのことと思いますが、気になる御方はぜひ一読くださいませ。
こちらから注文できますよ西多摩新聞社


ひとりごとも最近は、
失言と受け取られますので、
あまり滅多なことはいえないですね……大言壮語は程々にしましょう


あと少しで、第34回南総里見まつりです。
IMG_20150923_0001.jpg
館山市のどこかに夢酔もいます。


ひとりごと、ついでだ。
もう一つ、書いておきます。

去年の秋の慌ただしさとは裏腹に、今年はちょこっと小さく動いている夢酔。実は、次回作の準備がたいへんで落ち着きません。
武田モノを書く人って、こんな焦燥を抱えて自分と戦っていたのだなと、あらためて敬慕を抱きます。
戦国時代を描くのって、表面的にダイナミックな合戦を描いたり、薄っぺらい義を前面に押し出したり、腐女子好みなBL連想させる美形描写したりとか、そういう安っぽいことではいけないんですよね。むしろ1行しか描写なくとも、経済の葛藤や、身内憎悪や、紳士的変態な癖や、糞尿のリアルを考えたうえで、行間に臭わせる努力をする。
人間の生き死にが常に肌身に感じる時代の感性を、現代人に置き換えてはいけない。そういう点を意識しなければいけないのが、戦国の作品です。
夢酔が手掛ける一連の里見モノには、多分に「死の臭い」がないように感じます。書いてる人が云ってるのだから、たぶん、そうなのでしょう。資料を粗探しすることで、どこかで小さくまとまってしまったのでしょうね。準備作はその反省もあって、正反対の「強い灰汁」を吐き出しています。準備稿なのに、書くと、凄い疲れます。書きながら、脳内では本当に人を殺め笑い泣きわめき犯す、一言でいうなら「兇暴」な心境になっているんでしょうね。作業中は人の声は一切耳に入りません。
この荒っぽいモノが、第2校正までの間に研磨されちゃうのかな。勢いで吐き出す過激で雑な活気は、実は準備稿ほど詰まっているのだろうと、夢酔は思います。
でも、他の作家さんは、きっと時間を上手に用いて巧みにまとめるのでしょう。
夢酔の未熟が露呈するつぶやきです。


でも、時々作品を読まれた方からお声をいただき、ああ、これでよかったのだと、迷いがちな路を踏み外さないでいられる。
日々 是 感謝 の気持だけは忘れてはいけませんね。
DSC08277.jpg

こうしていることにも、きっと意味がある。
すいませんね。なんだかモノにも人にも疲れているみたいです。スイッチの切替しなきゃ……




第34回南総里見まつり開催決定!!IMG_20150923_0001.jpg
http://satomi.tateyamacity.com/


戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2015/10/14(水) 22:14:43|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歴史のイベント 彩々とりどり

さて、もう五つ寝ると~♪IMG_20150923_0001.jpg
もうすぐですね。
楽しみです。

今日、夢見が悪くて、護摩を焚いてもらいました。
道中、炉端には「元八王子 北条氏照まつり」の幟がズラリと並んでました。18日(日)だそうです。
残念。
最近、八王子は氏照に熱心ですね。
151012_103422.jpg
こういうのが、いちばん名を売るチャンスかも知れません。
頑張ってるな、八王子!


10月30日(金)〜11月3日(火祝)
9:00〜17:00(最終日は16:00)
第49回大月市文化祭にて、小山田氏に関わる展示があります。
会場は4階エレベータの反対側です。
展示の詳細はまだ決まっておりません。
御当主より連絡待ちです。


イベントが多いことは、いいことです。


このblogの特徴は、どうにも写真の右側が欠けやすいという点です。
写真をクリックすると、消えている部分を含んだ全体像が紹介されるので、
御手数でも、関心のある写真はクリックしてください。
隠れたキャラクターが見つかったら、ラッキーですよ~(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ




25地区から山車・神輿 北条海岸で17日 南総里見まつり
館山 伏姫ガールズもひと役 (房州日日新聞)
押してみて。
頑張って下さい!
会場のどこかから、きっと応援してますよ。




第34回南総里見まつり開催決定!!IMG_20150923_0001.jpg
http://satomi.tateyamacity.com/


戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2015/10/12(月) 22:49:10|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

歴史のイベント 彩とりどり

こないだ更新したけど、また更新します。
第34回南総里見まつり○o。(○゚ω゚)ノャァヽ(゚ω゚○)。o○
平成27年10月17日(土)。
もうすぐです、あと1週間くらいですね。
IMG_20150923_0001.jpg
こないだの記載分、館山市観光協会の方が御覧下さったそうで、有難いやら畏れ多いやら。でも、実在家臣団の武者行列。そろそろ再評価してあげては、と思います。倉吉の里見まつりでは八犬士とは別に堀江能登守頼忠がちゃんと居りますよ。

実在家臣団行列が追加されたら、ぜひぜひ参加したいな……(゚∀。)アヒャ
本気で思ってます。。。くるか、来年くるか?
ちなみに甲斐武田氏のときは、ちゃんと甲冑でいい仕事しましたよ。
ほら3ff84acb323ac7f20f70420dea336e36.jpg夢酔です
果報は寝て待とう。

平成27年10月17日(土)
今年も武者行列に山車・神輿、花火にグルメがお楽しみいただけます!!

スケジュールはこちらを御覧下さい。
http://satomi.tateyamacity.com/?page_id=2

天気。
晴れたらいいね。


イベントの周知、もうひとついきます。
まだ広く知られていないかなヽ(*>□<*)ノキャ━━ァ♪


10月30日(金)〜11月3日(火祝)9:00〜17:00(最終日は16:00)に開催される第49回大月市文化祭にて小山田氏に関わる展示があります。
会場は4階エレベータの反対側です。
展示の詳細はまだ決まっておりません。
御当主より連絡待ちです。



去年も秋は慌ただしかったですが、今年はジリ貧なので、小さくやっています
さりげなく思い出だけを書き綴って、まだ余韻のなかに漂っている有様です(´・ω・)カワイソス
                         
IMG_20150925_0001.jpg

頑張ります( ^o^)<ンンンンンンンンンンンンンンンww



このblogの特徴は、どうにも写真の右側が欠けやすいという点です。
写真をクリックすると、消えている部分を含んだ全体像が紹介されるので、
御手数でも、関心のある写真はクリックしてください。
隠れたキャラクターが見つかったら、ラッキーですよ~(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ






第34回南総里見まつり開催決定!!IMG_20150923_0001.jpg
http://satomi.tateyamacity.com/


戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2015/10/08(木) 21:47:24|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよ、南総里見まつり

10月17日(土)まで、あと10日ほどになりました。
そうです。
IMG_20150923_0001.jpg
第34回南総里見まつりです。
今年は芸能人が来ないから、純粋な地域のまつりになるのかな?
でも、芸能人で左右されるようでは、ダメです。
八犬伝に引き摺られる武者行列ですが、いつかは実在家臣団として八賢臣による武者行列をして欲しいと願います。35回目の次回くらいから、ぜひご検討くだされ、観光協会様
8人セレクトするなら、この方々がいいな。
 正木大膳亮時茂
 堀江能登守頼忠
 岡本四郎兵衛頼重
 正木左近大夫頼忠
 印東采女佐房一
 薦野甚五郎頼俊
 中里備中守実次
 里見揚安斎
そして賓客として、ぜひ喜連川頼氏隊を小弓公方衆としてお迎えして欲しいものです。
願望ですね。
運営される方のどなたでもいいから、ご検討ください~






準備稿のネタ……いや、燃料投下。
東美濃の両属バランスが崩れたのが元亀3年。武田信玄が西上作戦を開始した時期と重なる。信玄の狙いは、本当は上洛ではなくこちらの確保か?
そんなことを思案し続けていたら、朝になっていた……(●´∀`●)?
次回準備作は、定説への挑戦が続いて頭がショートしそうです。
何もなく手探りだった里見とは真逆の苦しみを味わっています……!




ところで、房州日日新聞。
現在は犬伏の別れの場面もさらりと流し、宇都宮城を中心においた〈東の関ヶ原〉を展開中ですォ━━(#゚Д゚#)━━!!

まつりの頃までに終わるかな。

直江。真田。歴史の有名人が大勢入り乱れるのが本章の見どころです。
犬伏の場面は終わりました。
中央のドンパチとは裏腹に、下野を中心とした静かな駆け引きが続いていますが、誰も触れてこなかった(かな)と思う舞台です。

お読みになった方々のご意見ご感想が、楽しみです



このblogの特徴は、どうにも写真の右側が欠けやすいという点です。
写真をクリックすると、消えている部分を含んだ全体像が紹介されるので、
御手数でも、関心のある写真はクリックしてください。
隠れたキャラクターが見つかったら、ラッキーですよ~(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ






第34回南総里見まつり開催決定!!IMG_20150923_0001.jpg
http://satomi.tateyamacity.com/


戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2015/10/06(火) 06:12:27|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0