散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

身延春秋

身延山は日蓮ゆかりの場所である。
以来、甲斐国にあって法華宗の聖地であった。中世にあっては武田信玄の庇護もあり、かつ、比叡山焼討事件のときは諍いの場にもなった。信玄は全体の為政にして理解者だから、帰依するものがあっても特定の宗派に依存することはなかった。代わりに、南部河内を領していた穴山氏は身延山の信徒だったと思う。DSCF4143.jpg
今回、夢酔が身延まで足を伸ばしたのは
「観ておきたい」
という衝動だった。山梨に数年滞在しておきながら、実は身延山に行ったことがない。そのことが如何に知識を狭いものにしていたか。
身延は穴山氏ゆかりの地である。
準備中作品は郡内小山田家を主題にしているが、通説上、武田勝頼から離反した信茂と同じような立ち位置にいたのが穴山梅雪だった。両者には似たような何かがあったのか、心境的な共通点があったのか。気にはなっていた。何よりも通説にこだわらない仮説さえ辞さぬ準備作には、義信事件に関する思考も含まれる。その義信事件に関与した人物こそ、穴山彦八郎なる人物だ。彼も事件に加担した咎で、身延山の塔頭で切腹する処分を被っている。
穴山氏のことを、もう少し知ってもいいのではないか。
文献資料として「中世武士選書5・穴山武田氏(平山優・著)」を読破していたが、頭だけで考えるのは、いいことじゃない。その場所に空気に触れることが大切だった。そのためには、無駄な遠回りをして身延へ赴いた。
本栖経由、下部通過の身延。
通説を疑うとキリがないが、小山田弥三郎信有が病気で退陣し、当主に小山田信茂が迎えられる時期は、丁度義信事件の頃と一致する。偶然といえばそれまでだが、もし穴山彦八郎と同心していたなら、国中を避けて往還する連絡路は現在「本栖路」と呼ばれるこのルートだろう。激しい高低差で敬遠されがちな路であるが、それゆえに、河内と郡内を直接結びつけるこのルートは重んじられて不思議ではない。すべては通説を疑った上でのことだが、小説ということもあるので諸兄から目くじら立てられることもあるまい。
文にする前から、とにかく考えることが多い。DSCF4147.jpg
とにかく全てが初めての、身延体験なのである
DSCF4149.jpg
今回、新調の作務衣で登場。今までの久留米織、10年来の愛用で、とうとう膝が抜けてしまったのだ。いいときも辛いときも一緒だった作務衣だったけど、これ以上着られない。新調したのはちょっと安い久留米織だけど、洗ったら縮んじゃった。作務衣はやはり値に糸目をつけたらダメだ。10年来のはいいやつだったものね。初手から繋ぎのつもりで購入したから仕方ないけど、なんだか修行僧が廊下の雑巾掛け大運動会に着そうな体操着という印象です。いいもの見つけるまでの大切な繋ぎ衣装、デビューは身延です!

身延山にも、奥の院がある。徒歩はしんどいから、ロープウェイを用います。
DSCF4150.jpg
文明の利器のおかげで、労せず山上へ。
DSCF4173.jpg
この景色はガスっていたからここまでだけど……DSCF4175.jpg
本当はこんなものらしいDSCF4204.jpg
甲斐国にあって、ここは海を意識できる立地だったのです。

DSCF4187.jpg
身延山の山上世界。
ここは中世においても、宗門の聖地だったことでしょう。
展望は北側にも向いていました。
南アルプスや八ヶ岳、甲府盆地が彼方に広がっている。
DSCF4193.jpg
ここで、ふと思い返す。
甲斐国は、国中・郡内・河内の三つで構成され、それぞれが独立領主により支配され、信虎・信玄・勝頼の時代は「同盟」という形で一致していた。主従ではなく、同盟である。
郡内と国中の民情並びに気候風土が異なることは承知していた。河内はどうか。こういう眺望を持つ土地に暮らせば、駿河寄りの意識も強いことだろう。気候も駿河に近いかも知れない。商工的にも、それにあたると考えておかしくはない。つまり、独自性の意識が強くても不思議はないのだ。
通説とは残酷なもので
「小山田は武田を裏切った」
「穴山は徳川に通じて武田を裏切った」

という結果オーライなところが大きい。
同盟者として袂を分かつという意識があるからこそ、天正10年の両者の行動が生じたと考える人は、きっと少ないと思う。
仕方がないのかも知れない。
しかし、元々「潜在意識にある独自性」は武田と共有していないのだから、こういうこともあるのかと思いたい。

さてと。
里見のことを書いてなかったので、少し。
といっても、厳密には、徳川になるのかな。
お万の方。里見家臣・正木頼忠の娘で、徳川家康の側室にあたる。紀州・水戸徳川家当主の生母にあたる。彼女は熱心な法華宗信徒でした。正木頼忠は日蓮生誕の地・勝浦を治めていた縁で誕生寺に帰依厚かったそうですが、娘の彼女もそのあたりは熱心だったそうです。

元和二年の秋を迎える頃、後陽成上皇が床に就いたという報せが、江戸に届いた。
豊臣家創設時に皇位に就いた上皇は、何かと豊臣贔屓である。秀吉の恩恵も厚かったし、贅沢もさせてもらった。当然の心理である。しかし、徳川幕府成立ののちは、帝を辞して花鳥風月を愛でる暮らしを望み表に出ることもなかった。
お万の方は、この雲上の君には、格別の念がある。かつて縁あって、後陽成上皇より一筆下賜されたからだ。
晩年、徳川家康は宗教弾圧を行った。宗論の末に、身延大野本遠寺の日遠尭順に対し、安倍川にて処刑するよう沙汰した
お万は、身ひとつでこれを阻止した。熱烈な日蓮宗徒であるお万は、日遠尭順とともに殉死せんと、二枚の死に装束を縫って家康に激しく迫ったのである。これには家康も困惑した。その裂帛に気圧され、遂に根負けしたのである。
後陽成上皇は人伝に、それを耳にした。豊臣贔屓の上皇にとって、徳川は目の上の瘤だ。
「類い希なる女傑、朕の心に深く刻むものなり」
 後陽成上皇は胸の空く心地になった。あの家康を屈服させた女性に、例えようもない爽快感を覚えたのである。隠棲した身なれど、じっとなど、してはいられなかったのだろう。そののち、御自ら
「南無妙法蓮華経」
と筆をとり、お万の方へと御下賜をしたのである。前代未聞といってよい。当然、お万は感激した。以来、雲上の御方である上皇へ、お万は敬慕を抱いていた。


この文が房州日日新聞に載るのは、まだまだ先のことになります。
DSCF4199.jpg

とりあえず
写経でもしてきたが……
DSCF4206.jpg
字が汚い……








戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2015/07/26(日) 19:49:18|
  2. おやま~小山田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作品の舞台を歩く

今回は、里見と少し離れたところを書かせてもらいます。

夢酔、今年は準備作の傍ら、秋川流域限定の東京新聞・毎日新聞・産経新聞の折込紙「あおぞら」で、千人同心を素材のエッセイ風書き物を連載しております。2年前、こちらで「萩原タケの歩いた五日市」を連載させてもらったので、ラブコール再びというところです。いやいや、有難い。
しかし、かけ持ちはしんどいけど、文句の云える高級な人種ではございません。
日々是謙虚。
頂く仕事は貰っておく。おかわりは催促せず、ただじっと待つ。捨てる神あれば拾う神あり。まだまだ途上でござ候。
どうも、説教臭くていかんね。ワシの口上。

本日(2015年7月19日)、夢酔は折込紙「あおぞら」の責任者と、朝っぱらから千人町に出没。
次回あおぞら分のスペース埋めに必要な写真をと思い、屋敷跡碑のある甲州街道・陣馬街道の追分部分へ。しかし、知ってる方はピンと来ますが、車を停めるところ、ないんですよね。ここいら。路駐したいけど、土曜日なのに付近路上で作業中。仕方ないので「あおぞら」責任者だけ降りて、パピュッと写真を撮りに行かせた。
「ここ、いいね。なんでこんないいとこ知ってたの?」
「いや、ここが千人同心の中心地だから」
「へー、これ使うわ」
そんな遣り取りしながらも、もう一箇所を目指す。今度は駐車場があるので有難い。
曹洞宗萬松山興岳寺150718_102503.jpg150718_103001.jpg
ここは千人同心ファンにとって重要な場所です。
委細はクリックして、興岳寺サイトを御覧ください。

夢酔にとって千人同心はライフワークにしたい柱のひとつ。
みんなが新選組を語るなか、その表裏相対の存在にある千人同心に、どこかで陽を当てたいと思っているのです。
元々これをやりたいため、色々と調べていたら偶然別の素材に出会い、軌道変更して完成したのが
「聖女の道標」でしたseijyoP.jpg
その頃からなんだよね。千人同心への追求をはじめていたのは。
検索すると、夢酔が書いた千人同心関連の修作がググれます。以前、PCが壊れたときに機種変更した際、ブログのプロバイダーに入れなくなっちゃったため、解約できなくなってしまったものが、今もネットの海を漂っているのです。我ながら稚拙な文ですが……当時は、頑張っていたんだよ(棒読み)。
酷評も多かったので真摯に受け止めております。ここ興岳寺に眠る人についても、ちくりと指摘されました。とにかく、幕末って、まだまだ遠い歴史じゃないんだよ。生乾きで、危険な素材。心して挑まなければいけません。そのあたり、夢酔は戒めながら手を出しているのです。
ネットの海を漂うそれらのなかで。実は2作ほど、佐賀大学機関リポジトリの参考文献資料に取り上げられて貰いました。教育学に興味のある方は、このあとどっぷり読破しては如何でしょう。

佐賀大学機関リポジトリ:豊田芙雄と草創期の幼稚園教育に関する研究(8) : 横川楳子と私立八王子幼稚園の開設事情及び同園の史的位置(佐賀大学文化教育学部)

千人同心をやるのなら、主軸に置きたいのは「井上松五郎」だな……。
今年も接触しましたが、過去数度、御子孫にもお会いしています。機がなく未だ手付かずですが、いつかやりたいな。多摩らびあたりでそういう掲載ができるときが来たら、ぜひ企画を売り込みたいと思います。多摩の人にぜひアピールしたいのが、千人同心なのです……!


折込紙「あおぞら」の責任者さんは、あの劇団き楽座の主宰でもあります。
夢酔とは末永くおつきあいさせてもらうつもりです。


追伸
この行脚の最中、房日新聞から一報
漢字の誤変換があり、読者の指摘があったとのこと。
まだまだ未熟だ。
「指摘があるということは、あんたの作品がいろんな意味で読まれているということ!」
「あおぞら」責任者の一言は、日々購読者から舞込む苦言の刃をくぐり抜けている者なればの説得力がある。
反省するのは猿でもできるが、やはりポジティブも大事だな。
ガンバロー










戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2015/07/19(日) 15:38:03|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里見氏大河ドラマ化実行委員会 に連携して、ぽつり

里見氏大河ドラマ化実行委員会と立教大学広告研究会との連携企画が、この夏はじまります!

里見氏大河ドラマ化実行委員会は、このたび立教大学広告研究会が運営するキャンプストアとのコラボレーション企画を実現しました。すげー
父さん、これは驚きです。
うむ、学生のパワーに委員会の人が圧倒されなければいいのう。
そうですね、父さん。
すみません、勝手に遊んでみました。

立教学生キャンプストア。
ここに色々と彼らの情報が詰まっているようです。 CAMP STORE: 第62回立教学生キャンプストア

学生さんたちのパワーに肖って、夢酔もまだまだ頑張らないといけないな……

里見氏大河ドラマ化実行委員会では、他にも色々と連携できる団体等との積極的なコラボレーションを試みるとのことですよ。
そういう団体さん、ぜひご連絡欲しいとのことです。
コラボはとても素晴らしい着想だと思いました。

里見氏大河ドラマ化実行委員会HPでも、今回のことをさっそくに公開しております。
もうすぐ夏休み!
遠方より南房総での夏を過ごされる皆さまにも、ぜひアピールできたらいいですね。
「里見氏大河ドラマ化実行委員会HP」 http://satomishi.com/news20150713/


他にも、「里見氏学習より深く 館山小 6年生 講師迎えて校内研修会」というニュースが、房日新聞の一面に載りましたね。
子供のうちから郷土史教育に力を入れることは、とても大事なことですね。
機会があれば、夢酔も子供たちに一助したいと考えさせられました



立教大学広告研究会の皆さん。
素敵な夏になりますよう、
心よりお祈り申し上げます。。。
ガンバレ









戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2015/07/15(水) 05:54:23|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士と里見と信長と

実は、土~日曜日に、朝霧高原にでかけておった。
知りませぬか?

朝霧高原は静岡県富士宮市北部・富士山西麓の標高700-1,000 mに広がる高原である。
富士箱根伊豆国立公園に指定されている。
富士山観光で有名であり、その広大な土地全域で富士山が望める。
by.Wikipedia


夢酔は郡内を抜けてここに来ました。
現在本栖関は跡形もございませぬが、ああ、ここいらが甲駿国境だったのだなと噛み締める。
準備作のインスピレイションを養うには、絶好のロケーションでござるな。

さて。
現在連載中の「夏の波濤」。連載当初に、このような場面がございました。

 四月一二日、『信長公記』によれば

   もとすを未明に出でさせられ、寒じたる事、冬の最中のごとくなり。
   富士の根かた、かみのが原、井出野にて、
   御小姓衆、何れもみだりに御馬をせめさせられ、
   御くるひなされ、富士山御覧じ候処、高山に雪積つて白雲のごとくなり

とある。
 ここにある〈御くるひ〉とは、信長が好む馬駆けのことである。
 かみのが原とは、上方という意味で富士の西方をいう。井出野は現在の静岡県富士宮市にあたる。この野駆けを終えた信長は、心地よい汗を拭っていた。


甲州征伐を終えた織田信長は、朝霧高原を通り江尻を目指したのでしょう。場面は、里見義頼・義康父子が面会に及ぶところとなるわけです。
織田信長が間近で見た富士山。
西側からの眺望となるわけですが、日頃から都内や房総半島から見る御姿とは、やや趣を違えております。
DSCF4108.jpg                                      朝焼けで翳っておりますが、富士山は大沢崩れで大きく剔れていたことでしょう。現代同様、男性的な姿と察します。
もともと、この朝霧高原あたりは馬を駆るのに最適だったのでしょうね。
鎌倉時代、源頼朝も牧狩りを楽しんだことが『吾妻鏡』に記されています。ここで、有名な事件が起きたのですが、皆さん、御存知ですか?DSCF4083.jpg
そう、曾我兄弟の仇討ちです。
もっともこの話は講談でかなりの脚色が為されており、むしろ討たれた側が哀れだという説も……。そのあたりは忠臣蔵にも通じるところですね。とにかくこの朝霧高原一帯は駿馬の生産地に適していたのでしょう。武士が気持ちよく走り出したくなるのは、仕方のないことです。
このあたりの地名、馬飼野と呼ばれていたそうですが、頼朝がいかに軍馬育成に力を注いでいたかを感じられます。この地名は、実は人の姓でもあったりする。軍馬育成を頼朝から命じられた家臣が姓を授かったとか。
この名前は、いまでも目にするのですが、もうお解りですね?
DSCF4071.jpg夢酔、行ってきたよ。
基本的に、夢酔は農業好きですから、観光牧場に萌えます。完熟堆肥も300円で売ってましたが、これは次回購入することにして、話を進めましょう。
まかいの牧場は、魔界ではなく、馬飼野さんがオーナーの牧場という意味だったのですね。
織田信長は戦国大名屈指の馬の乗り手で知られます。
富士山麓で血が騒いだんだろうな。
ちなみに現代の国道では、アメリカンバイクを多く見かけます。きっと、同じ気分だったんだよ。

富士山麓で、案内板をみてたら、あるものに目が止まりました。DSCF411-.jpg焼きそばじゃない!
ほれ。DSCF4110.jpg
山本勘助生誕の地もそそられますが、里見氏とゆかりのある人物がいたお寺がここにあります。
                   クリック小泉久遠寺。
里見義堯と親交の厚かった日我上人がいたお寺です。
この小泉久遠寺も、「夏の波濤」には幾度か登場しました。正木頼忠が幼き娘と再会する場面で用いましたが、この娘は長じて、現在連載分では徳川家康側室・お万の方として再登場しています。

富士の西麓。
里見の物語とは決して無縁ではござりません。


追伸
去年、長者ヶ岳なる山から富士山を見たらDSCF2256.jpg
ガスが多くてあまり眺望さえませなんだ。
DSCF2262.jpg
この麓の大草原を、頼朝が、信長が、駆け抜けていったのだな……

道の駅朝霧高原で一服してたら、山鹿先生から挿絵の場面相談電話がきました。
連載はまだですが、挿絵はいよいよ「東の関ヶ原」の章に差し掛かっているようです。







戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村



  1. 2015/07/13(月) 22:18:00|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高野山1200年便乗コラム⑦

 2015年、開創1200年の高野山。
 来年の大河ドラマが真田に決まったこともあり、恐らくは2年に渡って沢山の観光客を誘致されることでしょう。里見が史実的に無名である一方で、真田は有名です。講談的には八犬伝が十勇士にも負けないと思うのに、むむむ。
 日本人は判官贔屓です。
 これは古今東西、ブレない民族性でしょう。
 真田は武田信玄のもとで故郷を回復し、大きく飛躍しました。最初の不幸は長篠の戦い。二人の兄が討たれ、本来家を継ぐべきではなかった昌幸が相続しました。昌幸は信玄の薫陶により、勝頼時代末期、唯一といってよい版図拡大を果たす存在でした。次の不幸は、武田家滅亡です。昌幸は勝頼を上州に迎えるつもりでしたが、小山田信茂に阻止されたと一般的に伝わります。ここから先は、池波正太郎先生の傑作「真田太平記」の描く世界です。
 不屈の真田スピリッツが体制に背を向ける姿を描き、若者がこれに共感を覚えていることは申すまでもないでしょう。そのため大勢の歴女が真田萌えになり、すっかり徳川家康は悪人扱いです。まあ、歴史とは二面性が少なからずございます。根っからの善人がいることこそ、薄気味が悪い。先の池波先生は、人とは良かれと思って悪事を為し悪事をしながらも世の為になる善を施している点を、多くの著書で描いております。ましてや人の立場は十人十色、善人一色の人間がいるものでしょうか。山岡宗八先生の「徳川家康」を読んだ世代にとって、真逆の風が吹くというのも、きっと時代なのでしょうね。

 関ケ原合戦は天下分け目と称されますが、正式には豊臣政権のリーダーシップを握る戦いでした。家康VS三成のように思われがちですが、宇喜多・毛利といった西国大将が中心であり、三成はその手足だったと考えられます。世の中の「格」でいえば、そう受取れます。敗軍の将とは、古今東西その失敗した結果について常に責任転嫁したいもの、すべてを石田三成に押し付けた気がしてなりません。
 その関ケ原に似た戦いは、諸国にありました。
 下野国宇都宮。
 結城秀康を大将とした徳川方の部隊がここに置かれています。上杉景勝の南下を阻止するためでした。当初、上杉征伐で家康は軍勢を招集し、〈小山会議〉で関ケ原へ向かった。結城秀康はその留守部隊を率いたのです。
 真田昌幸・信幸・信繁の父子は家康の招集で小山に向かい、途中で三成挙兵を知りました。ここで家を二つに割り、昌幸・信繁は徳川に反したのです。
 結城秀康の隊には里見義康が与していました。
 この功績で、戦後、鹿島三万石を恩賞に得ています。
 
 夢酔は連載作品「夏の波濤」にて、里見家と高野山のつながりを登場させています。この高野山の麓・九度山に真田昌幸・信繁父子が配流されてのちは、その通り道であるがゆえ、ときおり真田も登場させています。その場面が発表されるときは
「大河人気に擦り寄ったんだな」
と笑われそうですが、原稿自体は去年の今頃、連載開始前に固まっていましたから、残念ながらそういう筋書きだったと心得おき下さると幸いです。
DSC00071.jpg







戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2015/07/09(木) 21:31:15|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高野山1200年便乗コラム⑥

 2015年、開創1200年の高野山。
 せっかくなので、去年赴いた際のことを、呟いてみます。

 国替四〇〇年の節目で、里見家の位牌を房総里見会で新調しました。最後の当主・忠義、その妻と娘。これは奥之院に建っている供養塔の三人のものになります。素晴らしい御位牌に目を奪われたことが、つい昨日のように思い出されます。
 里見家御位牌のある光明院。
 ここは世間的には、蜂須賀家の祈願所でもあります。だから、ずっと蜂須賀家供養を毎朝の御務めにしてきたそうです。蜂須賀といえば、秀吉が藤吉郎と呼ばれていた頃からの腹心・小六で有名ですね。里見家の時代、蜂須賀家は阿波国を治めていました。里見は安房国。偶然とはいえ、同じ響きを覚えます。
 須弥壇のうしろをぐるりと廻れるようになっていて、そこには永代供養の御位牌がズラリ。殆どが古き時代のものでしょうか。高野山は火災の記録も多く、古いものでいつの時代か、ハッキリとはしないのだろうと思います。そのなかで、とても大きな位牌が。蜂須賀家のものだそうです。
 いつかは里見家の位牌もそのなかの一つとなって、悠久の刻を過ごすのでしょうね。
DSCF2776.jpg

 数多在る宿坊塔頭。
 それぞれが供養する武将を抱えていることでしょう。
 どこに、誰が、そんな一覧表やマップがあれば、歴女の関心も一入かも知れませんね。偏らなければいいですが、どうしても歴女は好みがハッキリしておられる由。地味なところほど、こういう場所は楽しめるのですよ。
 まあ、冗談はさておき、やはり戦国マニアは絶対に必見だと思います。
 戦国宿坊マップ、どこかの出版社でぜひ販売してみては?ついでに奥之院戦国供養塔マップもセットにすれば、かなりのボリュームになる。どこか、作って~、そしたら、買うよ!
DSCF2802.jpg
 
 なんだかんだと、必死になって高野山に便乗しようと縋っています。健気というか、なりふり構わないというか……スマン
 実のところ、次回準備作でも高野山って絡んでくるんですよ。
 小山田家は持明院にパイプがあったようで、最近、小山田信茂と父・信有の間にもう一代・弥三郎信有の当主時代があったことも高野山からじわりと明らかになったようなことも耳にしました。(間違ってたら御免ね)
 武田家が成慶院とつながっていたことを考えれば、ああ、小山田はやはり武田と独立した一己の存在かなと、思わずにいられません。
 もっと知らなければいけない。
 知識として、情報として、そして日本人の心の拠り所のひとつとして。
 高野山は、なぜ人を惹きつけるのでしょうね。
IMG_20141106_0003.jpg






戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2015/07/04(土) 05:51:13|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0