FC2ブログ

散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

Archive [2015年05月 ] 記事一覧

高野山1200年便乗コラム①

2015年。開創1200年の高野山は、内外からの観光客で大賑わいと思われます。皆さま、もう足を運ばれましたか?1200年前、果たしてどのような時代だったか、想像出来ますでしょうか?時の帝は、嵯峨天皇。平安京が誕生して約20年余、未だ魑魅魍魎や百鬼夜行の信じられていた頃、貴族は為政者ではなく権力者でした。当時の信仰は国家鎮護といいつつも、究極は己の欲得のためのものです。空海がみた風景と、権力者のみるものは、同じ世...

利休

「夏の波濤」の今章は千利休切腹のパートです。利休と里見家、関係ないと思っていませんか?いえいえ、ちゃんと繋がっているのですよ。新田源氏の系図です。里見氏を名乗った義俊の子・義清が田中氏を姓とします。利休はもとの名を〈田中与四郎〉といいますが、この先祖が田中義清ということです。全国里見一族交流会事務局長の田中さんは、この流れの末裔ということになります。「夏の波濤」でかなり利休のウェイトを高くしている...

続・房総武田氏考

 あれから少し考えてみました。 一度は房総武田氏の足跡を歩かなければいけないのかなあ。でも、どこを歩けばいいかなあ。分かんないので、有識な先生に「どこを廻る」「だれに尋ねる」あたりをお手紙で相談しているところです。でも、まだ歩くのが些か不自由な夢酔でございます。 庁南武田豊信は「夏の波濤」に登場した人物ですが、時代的には里見義弘・義頼の頃に活躍した者と認識しています。里見家宛の文書史料に、このよう...

腰痛天国

もう1週間も腰痛です。どうも前回の滝山城歩いた頃から、内臓が疲れたなあなんて思っていて、1週間前の朝にいきなりびしっときました。紹介された病院では当初、尿道結石を疑われましたが、何も出てこなかったので次の日腰痛だけ特化して診て貰い「ぎっくり腰と考えてください」という明言からやや浮いた診断を頂きました。あれから1週間。すごい不自由です。夢酔はもともとヘルニアを持病にしていましたが、ぎっくりと両刀使いに...

【北条五代】大河ドラマ化のライバル

今日、滝山城に行ってみた。ここは北条氏康次男・氏照の居城だった。当然、このような幟が立っている。里見家と北条家は、こうして現代においても、静かな戦いを繰り広げているらしい。こういう前置きをしたのは、そうでも書かないと、今回里見のネタがないからで、ずるい大人の詭弁として触れたまでだ。本音で云えば、青色吐息な準備作の現地確認のためという下心が丸出しのハイキングに過ぎない。一応、里見氏応援blogなだけに良...

ご案内

ブロとも申請フォーム

プロフィール

夢酔藤山

Author:夢酔藤山
ようこそ!

時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

最新記事

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー