散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

シリーズ・里見家のおんなたち 15

里見家に生を受けた女。
里見家に嫁いだ女。
円満な者も、不遇な者も、女たちの数だけ笑いもあれば涙もあったことでしょう。そんな里見家のおんなたちは、おおよそ、実名の残されていない者が多かったのです。院号または通り名で後世に伝えられる女性の逸話を、ひととき一緒に語りましょう。


 里見忠義の正室は、のちに〈東丸様〉と呼ばれる女性で、大久保忠常の娘です。忠常は徳川秀忠を支え続けた大久保忠隣の嫡男にあたりますから、里見家は徳川譜代に食い込む機会を得たことになります。

 大久保閥は当時、権勢を極めていたと云っても過言ではありません。
 まず、父・忠隣は徳川家の後継者論議にあたり、ただ一人の秀忠擁護者でした。『台徳院殿御實記』曰く、大久保忠隣・本多正信・井伊直政・本多忠勝・平岩親吉が家康に呼び出され、後継者を誰にするかと質された。本多正信は結城秀康を推し、井伊直政は松平忠吉を推し、本多忠勝・平岩親吉は二者択一に揺れた。このとき大久保忠隣だけは、秀忠を推した。
「戦乱の世においては、戦に勝つことが肝要ゆえ、武勇こそ第一にござるが、天下平定のなりし今となれば、文徳に優れておらねば、この平穏を保つ基礎を築けぬかと存じます。大殿の御子様方は、皆様、それぞれに優秀で、武勇・武芸においては短長を論ずることはできませぬ。これは武勇の短長で諮るべきではございませぬ。それがしが思うに、中納言(秀忠)様は、謙遜の御志深く、御孝心も厚きお方にござる。文徳・智勇にも長じておられ、また、これまで嫡子として遇せられて参られました。官位・人望も他の御兄弟に比して、いっそう超えておられます。さればこそ、大殿のお世継ぎたるべきお方は、中納言(秀忠)様をおいて他におられぬと存じまする」
と断じ、家康の意に適ったとされる。
 これが事実なら、二代将軍の前途を拓いてくれた大久保忠隣に対し、終生粗略に出来ない恩を秀忠は抱えることになる。その忠隣の嫡男として誕生した忠常は、人品骨柄とも優れた人物であり、将来を期待される存在だった。ゆえに正室は奥平信昌の娘・於仙を迎えている。於仙の生母は家康長女・亀姫。この婚姻により、徳川の縁戚関係となる。
 徳川の血が里見家当主と交わることで、否応なしにも家格を高め大久保閥にどっぷりと浸ることにつながるのです。東丸様はそういう使命を携えて、里見家に迎えられたのです。
 この大久保閥に組み込まれたことが、里見家にとって幸と不幸をもたらすのです。
 大久保忠常は里見忠義・東丸様が婚姻したその年に、急逝しました。死因は定かでありません。家康さえもその死を惜しんだ逸材、これを失ったことで、大久保一族は次第に衰退していくのです。
 大久保長安事件が起きるのは、慶長18年(1613)4月。
 これにより大久保忠隣は失脚、婚姻等による縁者や親しい者への波及が重なり、この当時、大勢の大名が改易・流罪・死罪となるのです。
 里見忠義が突如安房召上げを命じられたのは、慶長19年9月、明らかに大久保長安事件の連座です。倉吉転封を命じられた忠義に、東丸様は付いていきませんでした。実家に戻ったようですが、離縁の形跡はございません。
 東丸様は里見忠義が早世したのちも再婚することなく、亡き夫の菩提に務めたと伝えられます。この賢夫人が亡き夫のために遺したものは、月江山雲晴寺(兵庫県明石市人丸町)および高野山で見られます。特に高野山の五輪塔は33回忌によるもので、近くには、織田信長の墓所もございます。

 里見氏最後の当主に嫁いだ女性。
 再婚もせず、実家の扶養で生きてきたこの女性にとって、里見家とは、どんな意味があったのでしょうね。

 

                      ◆  ◆  ◆



戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「2014年に里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2012/05/26(土) 16:45:25|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

NHK大河ドラマへの要望活動

前回同様、NHK大河ドラマへの要望活動について。
新聞メディアでこのことをお取り上げくださいましたので、
皆さまにお知らせします。


1845063489_119.jpg
(写真提供:福井功氏)


毎日新聞千葉版
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120515-00000082-mailo-l12

房州日日新聞
http://www.bonichi.com/News/item.htm?iid=6676

日本海新聞
http://www.nnn.co.jp/today/120514/20120514121.html


メディアではありませんが、要望に直接関与された方々のblog

耕す(カルチャー)本屋日誌
http://naka3377.kazelog.jp/eki/2012/05/post-b499.html

福井功@まちづくりプロデューサーのブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/f_2800jp/15448672.html


里見氏、大河への挑戦。
これで終わりではありません。
これからが正念場です。





                  ◆    ◆    ◆



戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「2014年に里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!
ポスター




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村


  1. 2012/05/19(土) 15:10:23|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHK大河ドラマへの要望活動

皆さまにご報告申し上げます。

本日、関係各位を中心に、里見氏大河ドラマ化へ向け、皆さまから寄せていただいた御署名をお届けするとともに要望を、NHKで行ってきたとのことです。
直接、現地にて活動された福井氏の「福井功@まちづくりプロデューサーのブログ」には、リアルな熱気が込められております。

1845063489_119.jpg
(写真提供:福井功氏)

現在、大河ドラマの要望は、全国的にみて相当数あると思います。
なかには、動員力を仕掛けて署名の数で勝負を挑むところもあると思います。それはそれで、ひとつの戦術ですよね。ただ、署名の数字や、早い遅いは、NHK側にとってひとつの選考材料のひとつに過ぎません。やはり、名乗り出ることと、これをゴールと思わずに、何度でも足繁く通う継続力が大事と思います。
夢酔は、この「里見氏大河ドラマ化実行委員会」の発足前から、関係各位に親しくして頂けているところでございますが、この旗揚げと、行動力、本当に感心しておりました。出際の悪すぎる夢酔は、本当に、肖らねばという気持にさせられて参りました。

mixiをはじめ、このblogを通じて、大勢の方のご賛同を叫んできた夢酔ではありますが、一寸でもお役にたてたのなら、幸いと心得てございます。

今日、気がついたのですが、bayFM「たてやまGENKIナビ」でも、里見氏を紹介してました。
http://navi.tateyamacity.com/?p=6870
実行委員会の皆さまも紹介されてます。
こうして、少しずつ、里見氏を知る機会が増えていけば、活動の成果が実るときも近付くのではないでしょうか?

明日、新聞とか載るでしょうか。
千葉県や群馬県・鳥取県限定だったとしても、きっとネットで見られますよね。
明日の朝が、楽しみです。

今日までに御署名や御声援をお寄せ下された皆さま。多謝。
そして、新しいスタートに、これまで以上の温かいご理解と御声援をよろしくお願い申し上げます。



                  ◆    ◆    ◆



戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「2014年に里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!
ポスター




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2012/05/14(月) 21:34:30|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立体の歴史

地図をみると、そこから平面的な情報を得られます。
たとえば、房総里見氏と北条氏との勢力構図をこの平面から読もうとすると、ほんとに淡泊に映ります。
距離感って、そこにあるものが全てですものね。

感覚的なものがそこに加わると、実は違った面が見えてくることがあります。
この感覚って、実は、小説を書いていくうえで、大切な部分です。研究書のように粛々と事実関係を客観的に描くのではなく、感情的に描くことが求められるからです。
それは、人が目で見るところから入るもので、そこから生まれる多様なもの。正解のない答えです。
だから、地図だけで、戦国時代を感じるのは感覚不足に陥ることになるのです。

夢酔、里見氏を取り上げていますが、生活圏は小田原北条氏の支配エリアだったところです。
よって、北条氏の視点で、里見氏を見ることが可能な立場にあるんです。
北条といっても、小田原ではなく、八王子城主・北条氏照の側ですがね

ちょっと写真を見ていただきましょう。
P5120168.jpg
これは、八王子城西方の景信山から相模湾方面をみた景色。
右に、江ノ島もくっきり見えます。八王子と相模湾て、目で見ることの出来る距離感があったことに驚きます。

もう一枚。
P5120174.jpg
首都圏越しに、房総半島が見えます。右端のあたりが鋸山あたりとしたら、安房国は八王子からも伺えることになるわけです。

北条氏が里見氏を意識するのは、客観的に地図上でいう勢力拡大ではなく、目で見えるなかから生まれる支配欲と思ってもいいのではないでしょうか。
つまり、感情、ですね。

夢酔、山を登らなければ、あまり気付かなかったことです。
山登りを始めたおかげで、いいこと開眼~♪
なので、20年前と比べれば、ちょっと作風が変わったなと、最近自覚しています。


更に。
以前、稲村城跡のときにも触れましたが、歴女山ガール、うまくコラボする企画ってないものでしょうかね。
つまりは、こういう理由からなんですよ。

歴女という響きの多くは、マスコミが面白おかしく印象操作したところがあります。偏った印象に受け取られがちですが、夢酔は、さほどに悪印象を持っていません。歴史好きなら、男女の差はございませんもの。
同様に、山ガールもそうです。山が好きなら、老若男女の差はないです。
どちらも、楽しみ方に正解はありません。
楽しさを追求し過ぎて、回りに迷惑さえかけなければ、どちらも素晴らしいことです。
でも、最近、夢酔は思うんです。
どちらも相容れない世界と思ってましたが、実は、同じ土俵に立ちながら、全く別の感性と視点を持つ「表裏一体」の存在かなって……。
例えば。
信州川中島の妻女山へ軽登山する山ガール、歩きやすいコースに満足。でも、同じコースを歩きながら、歴女は武田信玄上杉謙信に想いを馳せちゃうんです。同じところで異なる価値観。
山ガールの知恵が加われば、歴女はもっと効率よく山岳歴史散歩できますよね。
歴女の知恵が加わったら、山ガールは休憩ポイントでひと味違う楽しみに頭を巡らすことができますよね。
楽しみが分散して、ああ、勿体ない。
両者はタッグ組んだら、新しい世界が生まれそうデスよね。

企画の要望を某雑誌社や地方新聞社にもお声掛けをしてみましたが、どうでしょうかね。




                  ◆    ◆    ◆



戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「2014年に里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!
ポスター




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2012/05/13(日) 07:40:57|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

知ってください -館山市広報 だん暖たてやま-

GWも終わって、皆さん、五月病になってませんか?
夢酔、不眠不休で、世間の流れに乗り切らないまま、気がつけば連休終わってました……。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

さて。
5月の館山市の広報で、里見氏の特集、組まれてました。
自治体の広報としては、かなり破格ですよね。
館山市も、かなり本気になってきたのでしょうか。有難いことです。

館山市広報 だん暖たてやま PDFデータはこちら

そういえば……。
GW中、夢酔は二度目の板鼻取材を敢行したんですが、里見忠重の陣屋とされたと伝えられる鷹ノ巣城小丸田出丸跡の老人福祉センターから見下ろすと、得たりという陣屋条件であることが実感できました。
P4300116.jpg
中山道整備は慶長年間中後期とされ、里見忠重が板鼻領有期とほぼ一致します。また、中山道はその前身である東山道と経路を変えているものと推察します。インフラに忠重が手腕を奮ったのでしょうか。
残念ながら、その記録と呼べるものが、全く確認できないのが現状です。
夢酔は推察をしながら、度が過ぎない可能性の範囲に留めながらの執筆を続けております。
後世の忠重の評価は、勝者側からみた敗者への礫のようなもの。それを頭から肯定しない方向で、夢酔はコツコツ牛歩の如き記述を重ねております。

このことは、里見忠義にもいえますね。

敗者への冷遇は、日本史の常。
判官贔屓とは、ごく限られた歴史スターだけの特権です。



                  ◆    ◆    ◆



戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「2014年に里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!
ポスター




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村


  1. 2012/05/07(月) 19:42:19|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

リポート・全国大河招致活動模様

皆さま、GWを如何お過ごしですか?
天気に恵まれなくて、洗濯物が山のようになっていませんか?たまの晴れ間につい山へ行ってみたら、当家の洗濯物が更に山になってしまいました。
ここ行った→http://ameblo.jp/po-ttyan/entry-11242398098.html

ところで、皆さんは、全国津々浦々、大河ドラマの招致活動をされている団体があることを御存知ですか?それは、地方自治体を軸とする公共誘致だったり、観光協会や有志による民間力によるものだったりします。
全部を紹介するわけにはいきませんが、原稿疲れな脳みそをほぐす意味で、ちょろっとまとめてみます。

名君 保科正之公の大河ドラマをつくる会
NHK大河ドラマ『藤堂高虎』を誘致する会
長曾我部最高委員会
小西行長顕彰会
剣聖・塚原卜伝をNHK大河ドラマに!
細川ガラシャと明智光秀 NHK大河ドラマ誘致推進協議会
NHK大河ドラマ「黒田官兵衛」を誘致する会
北条五代を大河ドラマに!
義仲と巴
【鬼島津】義弘公を大河ドラマに
NHK大河ドラマ 「日本一(ひのもといち)の兵(つわもの) 眞田幸村公」 放映実現の願う会

まだまだあると思いますが、ここいらでご勘弁を。
皆さん、ご当地の誇る偉人を大切に思っているんですね。

さて。
千葉県内にも、大河化を陳情すべく活動している団体が複数ございます。
まず、里見氏大河ドラマ化実行委員会は別として、他にあるものといえば……

・「伊能忠敬NHK大河ドラマ推進協議会
・「NHK 大河ドラマ「本多忠勝」誘致実行委員会

ごめん、きっとまだあるんだろうけど、大まかに見て活発なのは、この二者だと思います。

でも、結局、県内で収拾分裂という憂き目により、共食い消滅するケースって、全国的にもあるんだろうなと思います。北条早雲とか、そういうケースだったような噂も耳にしました。
千葉県もそうなって欲しくないと、常々思います。

「里見氏大河ドラマ化実行委員会」の里見会長は、そのあたりを以前から憂い、時代的に一致しない伊能忠敬は仕方ないとして、大多喜町の本多忠勝との、千葉県一致共闘を呼びかけておられました。
415px-Honda_Tadakatu.jpg

本多忠勝は生涯のうちの僅かな期間、小田原陣により関東移封してきた徳川家康に従い大多喜に10年間、居を置いたことが知られます。その旧領は里見義康家臣・正木時茂(義康弟)だから、大多喜と里見との関係も、ちょっとはあるんですね。
双方の逸話を練り込めば、十分に一本化できる。里見会長は去年来、そういう接触をされていたようです。で、先月のシンポジウム前日、夢酔も会長ともども大多喜町へ赴き、先方の会長とお話しをさせていただきました。まあ、主に、夢酔の稚拙な原案に対し、具体的解釈の違点のご指摘や、長南水軍(裏水軍)のことなど、まさにここで知り得た、新しい情報をご教授賜り、まことに実りある時間を過ごして参りました。

ただ、この連休中、里見会長とお電話する機会があり、先方から
「やはり、本多忠勝公を大事に思うので、独自の道を行きたい」
というお話しを頂いたとのことでした。
この気持は、至極当然のことです。やはり一番大切なのは、主役にしたいというご当地の想いです。
千葉県一致は残念ですが、これからもお互いに切磋琢磨し、千葉県から大河ドラマを発信できればいいと、会長のお言葉でした。夢酔もそう思います。

そう考えると、2013年に震災復興の意味合いで決定した「八重の桜」。きっと、震災さえなければ、別の内定があったことでしょう。作品よりも主役重視で決められた印象が大きいですが、どの招致団体も、強い希望で活動されていると思います。
NHKさんの御苦労も、大きいのでしょうね。


さて、原稿に取り組むとしようか。


                  ◆    ◆    ◆



戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「2014年に里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!
ポスター




人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2012/05/06(日) 08:07:30|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0