散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

ご案内

皆さま、久々の講演会のお知らせです━━━━(゚д゚;)マジ━━━━!!
382759_2286445754_225large.jpg
いつ以来だろ。
たぶん、去年の房総が最後かな。
楽しみです。

今回のお題である「おやまだ散歩から見つける戦国の足跡」、フジマリモで連載されているゆる~いエッセイを素材にします。
ゆる~いから、専門にしている人よりも「はじめて歴史に触れました」という方が楽しめるような内容にと、考えています。基本、これが夢酔の芸風です。こちとらしがない三文小説家です。学者じゃないし、研究者じゃないもの。

講演主催の小山田信茂公顕彰会ですが、会の名称も定まって、いよいよ本格的に始動です。
皆さま、知っておいて損はない
                
img_0_2018m.jpg
ただいま会員募集中。
夢酔も賛助会員になりました。
ん~と、まだホームページはないようですね。ネット加入ができたら、遠方の方も楽だろうな。
皆さん、一緒に楽しみましょう。お待ちしています。







戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2018/05/23(水) 13:47:16|
  2. おやま~小山田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(*゜▽゜ノノ゛☆

GWですね。▽ヾ(o´∀`o)ノ
流鏑馬の前に立ち寄った場所がありましたので、ご紹介します。
382759_2284985075_47xga.jpg
382759_2284985060_28xga.jpg
「甲斐の開運」醸造元 井出醸造店

御当主の井出與五右衛門さんは21代目、ここは代々名前を世襲する家です。
井出という家は、古いのです。
井出氏は藤原氏の流れを汲み、二階堂左衛門尉正重が駿河国富士郡井出の地に移り住んで井出氏を称したという。鎌倉時代、富士裾野で巻狩りを催した源頼朝は井出館を仮宿としたのだと伝えられているが、それくらい古い一族です。つまり、曾我兄弟の仇討ちを知る一族というわけですね。
大永七年(1527)七月、駿河国で今川氏親が死去し子・氏輝相続すると、甲斐武田氏は一時的な和睦をしました。この年に井出與五右衛門一族は郡内にやってきます。

酒造りは江戸時代に入ってからだそうで、武田の時代、どうだったかは明確なものが分かりません。
ただ、憶測ですが、甲斐と駿河に一族を割っているのだから、双方を交換する情報があった筈。間諜として甲斐にきた可能性も否定できません。もちろん、こういう曖昧な人たちはたくさんいた。情報通だった小山田氏は井出氏を上手に用いた可能性もあるでしょう。
駿河を手にした武田家。本家井出氏も武田の支配下になります。
あの高額な書籍にも、家臣人名の中に本家「井出傳右衛門」の名が記されています。

連休をつかって、じっくりと井出さんのお酒を味わいました。180504_193718.jpg
久しぶりに深い日本酒を楽しめました。
ごちそうさまでした。








戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2018/05/05(土) 06:56:42|
  2. おやま~小山田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Σ(゚□゚(゚□゚*)

平成30年4月29日(日・祝)。
河口湖畔にて毎年執り行われる勇壮な神事がございます。フジマリモで4月に流鏑馬のことを記したところ、思いもかけぬお誘いを賜り、名刹で在ります冨士御室浅間神社の神事へ参列を許されました。
流鏑馬です
直接この目で見るのは、この歳にしてハジメテでございます。
20180429-1.jpg
2.jpg
甲斐の戦国研究されたこともある皆さまなら、『勝山記』という名前をご存じでしょうか。ここが、その記録中心地と考えて頂いて結構です。二次記録じゃないから、第一級の史料ですよね。天変地異や気候といった、ささやかな日常まで事細かに記されているのは、もう目からうろこの逸品。まさに「ザ・一次史料」です
3.jpg4.jpg
5.jpg

さて、いよいよ流鏑馬です。

6.jpg7.jpg8.jpg扇が赤から裏面の金に返すと、出走合図です。
9.jpg
382759_2284496732_8large.jpg
1514537774_7.jpg
1514537774_155.jpg
神事として的を射るのは5射手が3回。
その後、的を小さくして射ることとなりますが、凄い難易度です。1514537914_59.jpg
1514538073_93.jpg

この流鏑馬神事。
新羅三郎義光が後三年の役の戦勝祈願から始まったのだそうです。
むかしは富士山二合目で行われていたのですね。信虎時代に執り行っていた勝山・下吉田両村へと分かれたそうです。

382759_2284500189_225large.jpg
382759_2284500168_135large.jpg

神事参列にあたり、頂いたものが美しくてビックリです382759_2284500357_23large.jpg

このたびの神事にあたり、お招き下さいました
冨士御室浅間神社権禰宜さまをはじめ、神官の皆さま神社役員皆々さまに、厚く御礼申し上げます。

こういう書き物をしていると、中傷誹謗や意地の悪い仕打ちにときどき遭遇しますが、このような御厚情を差し伸べられたときは心から嬉しく思う次第です。また、3年目を迎えますフジマリモがどれほど地域の皆さまに身近な存在であるか、あらためて身に染みた思いです。
今後とも郡内おやまだ散歩、てくてくと喜んでもらえそうな散文を心掛けたく存じます。
多謝。


LAST.jpg
式典がおわると、富士の霊峰が日常を見守っておられる……+.(*'v`*)+






戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2018/04/30(月) 08:09:01|
  2. おやま~小山田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(*゜▽゜ノノ゛☆

お知らせです
img_0_2018m.jpg
そろそろ、定説の矛盾を見直さなければいけませんね。
  1. 2018/04/23(月) 06:55:57|
  2. おやま~小山田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉田百景

4月7日(土)、フジマリモに載せて貰ったこの日、吉田に推参です。

1512868850_48.jpg
北口本宮冨士浅間神社。
朝早いと、なんだか「いい気」を貰える心地です。1512868850_71.jpg
巫女さんが忙しそうに掃除していました。

今回、はじめて赴く場所があります。
新倉富士浅間神社です。1512869046_39.jpg
1512869046_192.jpg
丁度、さくらまつりの最中で、外国人だらけでした。1512869046_136.jpg

どうやらこの日は、小山田信茂顕彰会発足の会議中だったようです。
理不尽な裏切り者呼ばわりから400余年。そろそろ民間的に再評価する時期が来たのではと思います。会が発足されましたら、みなさん、ぜひ参じて下さいね。

そういえば。
4月8日(日)は久留里でイベントがあるんですよ。
今回も足を運べなくて、残念。29178126_2105952119688756_5246805484144427008_n.jpg












戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2018/04/08(日) 08:57:54|
  2. おやま~小山田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ