FC2ブログ

散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

φ(^▽^)

みんな、新選組と聞くと、イメージするのはスター的な人物ばかりでしょう。
特に女子には、その傾向が高いと思う。

180107_115718.jpg
井上源三郎がいまひとつ人気ないのは、司馬遼太郎の描写が冴えなかったこともあるだろう。
でも、井上源三郎が、剣の腕前がイマイチとか温厚で引っ込み思案とか、そのような証拠はないんですよね。全部、創作物の影響に過ぎないだけ。源さんは、兄の松五郎に引っ張られて、バリバリ鬼のように剣へのめり込んだ達人なんですよ。

今年は、元日から井上源三郎資料館ホームページに「泰助の記」を載せて頂きました。
少年隊士・井上泰助。
井上源三郎は叔父にあたります。
この作品の副産物的手記が、歴史研究第661号に掲載されました。
少年の目を通して観た戊辰の戦さ。少年が曲がらないのは、キチンとした大人が手本となったから。新選組にはちゃんとした大人がいたのです。薩長がのちに新選組を悪くいったのは、きっとその規律正しさが眩しく疎ましかったのでしょう。

「来年は土方が亡くなって150年で、日本中いろいろ催しが多いんですよ」
井上雅雄館長のお言葉です。
そうか、今年が明治150年なら、明治2年に亡くなった土方歳三の没150年なんですね。
「土方とか沖田とか、さいきんでは斎藤が、女子に人気なんですよ」
井上館長のおっしゃるところは、古今のドラマや映画でイケメン俳優が演じる影響もあるのですよね。
「近藤はどうして女性受けしないのでしょう」
でも、男が惚れる漢だと思う。夢酔は器のでっかい男臭い奴に憧れる。器が小さいからだと思うから、なおのこと憧れる。能書きひと塊に丸ごと受け入れる男に、人は慕いついていく。
歴女にちやほやされなくたって、近藤の良さは男が知っている。だから、局長なんだと思う。
そういう風にいいたかったけど、上手に館長へ伝わらなかったようで、やはり未熟さを笑ってしまう。
井上源三郎もそういうタイプだったのではないかな。
本当は、寡黙な武闘派だったんじゃないかと、思う時がある。
天然理心流切紙が残されているのだから、腕前はあるんです。それは、間違いない。
0018121600.jpg
そんなこんなで、今年は井上源三郎資料館と、館長が代表を務める天然理心流日野道場には、お世話になりまくりでした。
一足早い、暮れの挨拶。
本当にありがとうございました。


















戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2018/12/16(日) 20:07:49|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご案内

歴史研究会/創立60周年記念大会 
早くから準備をされてきました関係者皆々様のご尽力に、深く敬意を表します。


当日は体調不良につき申し訳ございませんでした。

さいごまで、盛大かつ壮麗、質実剛健な式であったこととご拝察します。

学識者も、有識者も、作家も、そして歴史に興味を持つすべての方々にとって、
歴史研究会は吉成主幹の申されるあたらしい6期目のはじまりを迎えることとなります。

日本唯一最大の在野史学の殿堂の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。

作家でこの場に身を寄せる者は少ないようですが、心して、こののちも末席に身の置きどころがございましたら幸いです。

興味のある皆さまは、是非とも、最初の一歩を踏み出して一緒に歴史から過去と未来を学んで参りましょう。
歴史研究会のHPは左のリンクにございます。
ようこそ、御一緒に。


歴史大賞受賞者の皆さま、おめでとうございます。
恥ずかしながら445名の末席を賜りありがとうございました。
382759_2297286295_113xga.jpg
過分な賞に、ますます以て恐縮でございます。
















戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2018/10/28(日) 21:16:09|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご案内

歴史研究会/創立60周年記念大会 

★歴史研究会(全国歴史研究会)は、このたび、創立60周年を迎えることになりました。そこで、全国大祭として、みなさんと共に創立60周年をお祝いするフェスティバル(お祭り)を催したく、下記の次第で記念大会を開きます。
★特に今大会の一大イベントは、昨年の全国集会でアピールした[歴史大賞]の発表にあります。この賞は、受賞されることによって、わずかな業績でも、お互いに、歴史への功労を感じ合い、仲間として交流が深まり、さらに人生を楽しく意義あるものにすることをめざしております。[歴史大賞]は、お一人お一人の「歴史への思いのたけ」を世に伝えることによって、新しい歴史を広め、次代につなげることにあります。みなさんを、心から、ここに、おさそいいたします。お楽しみに。

日 時 10月27日(土)当日受付開始=午後12時30分より
                 午後1時より午後7時30分まで
会 場 日本教育会館(東京 一ツ橋)
    東京都千代田区一ツ橋2の6の2 ℡03・3262・7661
    地下鉄 新宿線・三田線の神保町駅より徒歩3分(ご希望の方に地図をご送付)
内 容 第1部 式典(同館8階 第一会議室)(午後1時より 参加費無料)
         ご来賓ご紹介/後援団体ご紹介
        [歴史大賞]受賞者発表
    第2部 記念講演(同室にて午後3時より 参加費無料)
         [高尚な道楽の「歴史研究」60年]
       ――昭和・平成の自分史と共に――
      所  功 先生(京都産業大学名誉教授・モラロジー研究所教授)
    第3部 祝 宴  同館9階 喜山倶楽部
               (午後5時より同7時30分 参加費8千円)
★式典・記念講演は無料。祝宴は参加費8千円です。
最終締切を延期。9月10日(月)です。お申し込みは、お早く。
★なお、大祭の翌日、オプショナル・ツアーとして、
[江戸東京歴史探索会](東京駅付近=千代田区・中央区の探索)
を行います。こちらも、どうぞ。募集人数20名。定員になり次第締切です。
日時:10月28日(日)09:00~16:30
集合:東京駅丸の内北口改札口出たところ神田駅寄り皇居側。
【申込方法】葉書かTEL・FAXで 下記までお申し込みください。
      お申し込み受付次第、大祭要項をお送りします。
〒141・0031  東京都品川区西五反田2の14の10の504
歴史研究会〈全国大祭〉係 ℡03・3779・3127 FAX03・3779・5063



明日だね。
  1. 2018/10/26(金) 22:16:46|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

φ(^▽^)

第5回みんなで選ぶイラストレーター大賞受賞展のハガキをいただきました。
382759_2295739111_203xga.jpg
382759_2295739083_43xga.jpg

7月に開催された「插絵画家の会2018年展」で投票できたのは、ひとり三点。
儂が選んだそのなかの一人・江藤亜由美先生が見事一位でした。382759_2295739240_222xga.jpg
実は、文人墨客では儂の挿絵を手掛けて下さいました。

あらためまして、おめでとうございます!
  1. 2018/10/04(木) 20:00:03|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

φ(^▽^)

このところ、ちょっと具合がよろしくない。
血行も悪そうだというので、
いつもの行きつけマッサージをしてもらう。
岩盤浴をやってからなんだけど、籠っていると暑くてね。
脳内で前田慶次が蒸し風呂に入る場面が込み上げてならなんだ。
しかし、慶次のように脇差竹べらなんぞ持ち込みません。
ガチガチで猫背になているらしい。
とにかく、身体がホントに重い。
日中、けっこう鼻血も吹いたしな。
歳には勝てないということだ。


えっ、能書きだらけで写真もないのかって?

ないよ。

なになに、ないと、観る意欲が湧かないって?


じゃあ、6年前の風景。
P4140190.jpg
あれから、もう6年も経ったのだね。

とりあえずは、養生中です。
16日は「里見夜噺」だけど、聴きに行けないや……残念!
励ましのコメントは24時間受付中です。








  1. 2018/08/11(土) 21:49:33|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ