FC2ブログ

散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

周知します。

最新告知です。
鋸南最終チラシ(mini)
お問い合わせは、mihorin企画まで。
                 
mihorin企画https://www.mihorin.com/news/20200208/1322 クリック

14日は夢酔も赴く予定です。みんなに会いたい。待ってますよ……





戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



  1. 2020/02/18(火) 21:36:11|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

周知します。

千葉県復興支援イベント開催です
「げんき出そう千葉」3月13日(金)、14日(土)、各会場にて。

_20200208_0002 (2)
_20200208_0002 (1)
_20200208_0003.jpg
お問い合わせは、mihorin企画まで。
                 
mihorin企画https://www.mihorin.com/news/20200208/1322 クリック

14日は夢酔も赴く予定です。みんなに会いたい。待ってますよ……





戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2020/02/08(土) 11:46:19|
  2. 里見関連広告板
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

第1章第11話11回目で通算111話。
200206_151100.jpg
出来すぎですが、狙ったわけではありません……
  1. 2020/02/06(木) 20:36:06|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

( ̄^ ̄)ゞ

館山駅周辺で、探してみてください。


館山中村屋200122_072502.jpg

ホテルマイグランドDSCF4904.jpg


見つけたら、
「みたよ~♪」
とコメントしてね。



  1. 2020/01/29(水) 16:18:17|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

房総時間

2020.1.16誤記を受け、このブログにもしっかりと頼朝カテゴリーを設けようと思う。
質して貰えるうちが花ですねん。

房州日日新聞新春号にて、取材の多くをあまりしていないと明言しました。
ちょっと補足します。

頼朝の房総の足跡についての現地踏破が甘いということで、房州入りする頼朝や、先に待っていた伊豆・相模の武士たちの心情については取材せずとも、夢酔が10年来往還している東京湾フェリー航路が実に役立っているのです。

写真をご覧ください。
DSCF4894.jpg
これは頼朝上陸地至近よりの写真。富士の嶺から長く伸びる伊豆半島。抱きかかえられるような三浦半島の稜線。頼朝は、三浦沖を越えて、房総を目指した。内房は三浦義明一党の支配が及び、上陸地点は、いざというときの示し合わせがあったのでしょう。
でも、海の上から目指す先が遠くより分かるものでしょうか。
DSCF4885.jpg
大きな嶺が鋸山。右手の双耳峰が富山。ニャーという耳に見えますね。あの方向を目指せば、やがてぽっかりと浮島が見えてきます。新年号で富山をランドマークにしたと口にした由縁、おわかりいただけたでしょうか。

頼朝を支えようとした三浦一族。衣笠城は横浜横須賀道路衣笠IC付近。ここから落ち延びて現在の久留里方面より海で出ました。一族佐原義蓮のテリトリーです。ここに住吉神社があります。東京湾フェリー久里浜港の近くです。
むかしはそこが浜だったのでしょう。一族は上写真にあるニャーなランドマークをめざして、江戸湾を渡りました。
DSCF4926.jpg
DSCF7885.jpg
DSCF7883.jpg

石橋山で散り散りになった頼朝との再会。房総に集まった武士団の感激は、最高のテンションだったと思います。
DSCF8952.jpg
DSCF8949.jpg
というわけで、未熟ながらも取材らしくない取材もどきはしていますということを、弁解させてくださいませ。


あっ。
一戦場は歩き回って、地形を把握して描写しました。ちょっと物足りないですが……。
DSCF1858.jpg

こののち、物語世界は源平合戦に移り変わります。
源平については20年来の京都取材やさらには奥州平泉の取材も終えています。むかしやったことが役に立つのですね。
オタノシミニ~(^∇^)






戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2020/01/23(木) 06:43:55|
  2. よりみち頼朝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ