散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

解禁!フジマリモ新連載

房州日日新聞で連載を頂いておきながら、
もう一本、
本日から月2ペースくらいで
ゆる~いエッセイ風な連載が始まります。
仕事をもらえることは、本当に有難いことです。

新連載は、山梨県の富士北ろく地域(富士吉田市・富士河口湖町・山中湖村・忍野村・鳴沢村) 東部(都留市・大月市・上野原市・西桂町・道志村) で購読されている山梨日日新聞をはじめ朝日・毎日・読売新聞など全紙に折り込まれるフジマリモという折込紙に掲載されております。
                
             フジマリモfujimarimokawasemi.jpg
フジマリモのエリア外で甲府市やその近郊地域に毎週土曜日に発行しているタウン紙が、カワセミです。

今回、夢酔はフジマリモのお世話になります。

たくさんの方の目に留まると思いますが、どうぞよろしくお願いします。

連載タイトルは IMG_20160827_0003 - コピー                      というものです。
目にしたら、ぜひ感想を聞かせてください。
批判やお叱りや、ときどき面白かったという一言が、作家さんにとってすっごい励みになるのですよ。

新連載にあたりタウン企画をはじめ小山田情報館・大月市郷土研究会会長その他大勢の皆さまに厚く御礼申し上げます。

いま、南房総方面が心のふるさと状態です。気候風土や人情がとても一致するんですよね。悩んでいても仕方ないと、常に前向きにさせてくれるんです。
今度は山梨県富士北麓や都留郡内方面が、心のふるさとに加わったらいいなと、思っています。
夢酔と一緒に、郡内おやまだ散歩へ出掛けてくださいませ
















第4回郡内小山田氏の会のご案内

日時  9月10日(土) 午後2時より  
場所  JR代々木駅西口向かいミヤタビル2階 ニルの学校
発表者 小俣 公司 様
テーマ 「小山田信茂公の遠大な計画と武田家再興」
会費  2,000円(出席した回のみ)












戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/08/27(土) 16:11:06|
  2. おやま~小山田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

沼田、歩く

上州沼田真田丸展公式サイトをみていたら、
8月はこども無料!
ということだった。皆さんは知っていたか?
うちには今年、真田丸関連の招待券が続々届いている。江戸東京博物館の企画展はすでに行ってきた。上田と沼田の真田丸展招待券も揃っている。ただ、ペアなのだ。よって家族で出掛けようという気にはなれぬ。かといって、ひょいひょいと遊びに行けるような、結構な御身分でもない。
しかし、ガキが無料という背中押しのおかげで、決心がついた。
numamaru1.jpg
ちょっと行ってくる。

沼田城に寄ったのは、ひょっとしたら、昭和の頃か平成間もなくの頃以来のことかも知れない。numamaru2.jpg
真田丸の幟旗がこれでもか~っと、乱立しているのは、観光地ゆえの宿命でしょう。

名胡桃城、当時はよく見えたのでしょうね。
numamaru3.jpg

あれ、こんな石像あったっけ。numamaru4.jpg

発掘調査がされているようです。
まだまだ地中に謎と秘密が隠されているのかも知れませんね。numamaru5.jpg


いざ、企画展へ。numamaru6.jpg                            デパート跡地の利活用かな?むかし、風林火山(懐かしい写真だぞ)のときも再利用をしていたけど、こういうことは、ご当地の知恵なのでしょうね。
numamaru7.jpgnumamatru8.jpg好きな人はいるのか?

ここである発見をした。
大多喜で展開しているNHK大河ドラマ「本多忠勝・忠朝」誘致実行委員会の署名活動ブースが設置されている!numamaru9.jpg                          この公式HPの構成は真田のものによく似ている。ひょっとして真田丸の次に本多をダシにした大河おかわり戦術を真田は試みているのではあるまいか。
この情報は速攻で里見香華会長へと電話で報告をしました。

展示会場は撮影禁止。
当然です。
しかし、一部は撮影OK。
タイトルバックに使用された背景等です。numamaru10.jpg

せっかくなので、正覚寺へ足を運ぶ。numamaru11.jpgnumamaru12.jpgちょっと悪寒を覚えた。なんだろう。
霊感ゼロの嫁はんも違和感を覚えていた。時期が悪かったのか、訪れる方々のなかにはマナーが悪い輩もいて周辺が怒りの気を発しているものか。原因はわからない。とにかく寺社や墓地を詣でるときは、謙虚な姿勢で行こうな。これは皆にもぜひお願いしたい。

ここで、もうひとつ。
大事な城趾へ行ってみよう。numamaru14.jpg
そう、名胡桃城numamatru15.jpg
あっちが沼田城の方向だ。
当時はお互いが睨み合っていたのだろうね。numamaru16.jpg

最後に。
意外なグルメを見つけたので報告numamaru18.jpg
あなたの街にもあるCoCo壱番屋だが、ご油断めさるな!ここにも真田戦略が乗り込まれていたのだnumamaru19.jpg                                                     すさまじい企画力だ。これでは逆らえない。numamaru20.jpg                                                  よって、食して参った。気になる御仁は、腹をすかせて推参するがよろしかろう。

上田。
いつ行けばいいのだろう。
日帰りは面倒だな。





緊急予告
8月27日(土)、郡内限定で何かが起こる。詳しくは教えられぬが、新しい試みを刮目されたし。







第4回郡内小山田氏の会のご案内

日時  9月10日(土) 午後2時より  
場所  JR代々木駅西口向かいミヤタビル2階 ニルの学校
発表者 小俣 公司 様
テーマ 「小山田信茂公の遠大な計画と武田家再興」
会費  2,000円(出席した回のみ)












戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2016/08/21(日) 22:09:58|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

南房総でびっくり!

2016年8月11日(木・祝)、家族で南房総にキャンプへ行きました。
完全に仕事を切り離すつもりでしたが、なかなか上手く出来ないのが、この稼業の因果でござる。
それにしても、
行きの東京湾フェリーで、これまで観たことないものに遭遇した。
daib1.jpgなんと、潜水艦がこちらに向かってくるんだよ。daib2.jpg            こういうものが観られるのも、東京湾。

山鹿先生に挿絵用の事前原稿をお届け。
いつも郵便だけど、たまには手渡しもよかろうて。

赴いた日が「山の日」ということもあり、「山の日」記念しイベント 8月11日 対談とコンサートに寄るものの、子連れでは難しく、長居できずに退散する。不義理で御免なさい!

daib3.jpg
キャンプ場は大房岬。ここから岡本城も鏡ヶ浦も一望できる。里見家にとっては索敵の要となる要塞のような岬なのである。不動滝は後付の伝説だろうと思います。

ところで。
このような試みが、道の駅とみうら枇杷倶楽部でやってた。daib4.jpg
シャーロックホームズ パペット達の夏休み
いろいろ観ていたら
「夢酔先生ですよね」
と、いきなり面が割れてしまい驚いた。daib5.jpg

ところで、ここに来る前、南房総市役所へ行ってきた。
作品を通じて房総でお世話になっていることもあり、何か還元できることを考え、せっかくなので「ふるさと納税」を試みたのです。初めてですよ、ふるさと納税をやってみたのは。
物が欲しいとか、そんなんじゃなく、純粋に何かしたかったんですよね。館山市じゃなく、南房総市でやる意味は、特にございません。強いていうなら、房総里見氏は南房総市から始まった、という程度の理由しかないんです。
子供たちのためにと、寄付をさせて頂きました。
未来への投資です。

お昼のに和田へ行って、クジラを相伴して参りました。
解体していると聞いたのですが、子連れでは飽きられるから満足に見学も出来ません。ちょっと残念でした。

daibu6.jpg大房岬から見下ろす岡本城。この城と、この岬。鉄壁の要塞だったのではと、思わずにいられません。
daib7.jpg 館山城へ拠点が映っても、城と鷹ノ島は一望できます。引き続き大房岬の索敵機能は重視されたのではないかと、感じずにはいられません。

幕末の頃には、この岬に砲台が据えられて異国人に備えたそうですよ。daib8.jpg



秋の幻、まだまだ目が離せません。
どうぞ、房州日日新聞をよろしく!




第4回郡内小山田氏の会のご案内

日時  9月10日(土) 午後2時より  
場所  JR代々木駅西口向かいミヤタビル2階 ニルの学校
発表者 小俣 公司 様
テーマ 「小山田信茂公の遠大な計画と武田家再興」
会費  2,000円(出席した回のみ)












戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村


  1. 2016/08/14(日) 14:50:50|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ