散文小径

小説家です。時代小説を執筆しています。皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。

都合不都合

日曜日の房州日日新聞に掲載された部分は、
都合よく、大河ドラマで盛り上がった真田昌幸の死に触れた回だった。
もちろん狙ったわけではない。





IMG_20160926_0001.jpg        今回は特別に一部を載せましょう。




都合のいい部分が載ったものだと、作者も驚きだ。

つまり、そういう時間軸で、物語は現在展開中なのですよ。


不都合もある。
読んでおわかりと思うが、真田信繁と書いてあり、真田幸村じゃない。
「あいつ、大河ドラマの影響をたっぷり受けているんだぜ」
などと心外な陰口を叩かれているかも知れない。これは2014年連載分の「夏の波濤」から引き続くもので、その当時から真田信繁表記なんですよ。勿論、房日の連載が決定される前に準備稿が出来ているけど、その頃から信繁にしております。
あしからず。

真田に便乗してるんだと云われたくないので、もう一声。
これは、大坂の陣のための、前振りに過ぎぬアクセント。このパートの本命は、高野山であって九度山ではないのです。まあ、通り道ではあるんだけどね。
高野山と里見家の関係は、すごく深いんです。
でも、里見家そのものが歴史の底に沈んで史実が広く伝わらないから、現在はそれを残すものが極めて少ない。高野山もそう。多くが名もなき収蔵の山の中へと埋没していることでしょうね。

真田が「真田十勇士」という荒唐無稽な講談から脱却できたように、
里見も「南総里見八犬伝」というフィクションの呪縛を脱ぎ捨てられたらいいのにと、いつも思います。


そしてもうひとつの不都合。
サブタイトルの「大久保長安事件」ですが、幕府がこんな派閥争いと報復人事を繰り返していたこと。いちばん不都合を噛み締めていたのは、徳川家康なんだろうな。
このことは、きっと大河ドラマでは触れないでしょうね。
真田には無関係なことだから。

そして、その時々の時代を表現する手段として、
本編には、
こののちも暫くは真田がちょくちょく登場します。
真田ファンのために貢献しているように思われますが、そういう嫌らしさはございません。
都合がいいものか、不都合か、
それは購読されている皆さまお一人お一人のお心次第。
結果的に夢酔は都合も不都合もなく、宙ぶらりんなのかも知れません。
ここはこだわるところではございません。
ふ……ふふふ……
















戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2016/09/26(月) 20:40:34|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和紙のこと

仕事のことではなく、
受け身な話題をおひとつ。

劇団き楽座の舞台「萩原タケ物語」で主人公を演じておられた杉野さん。
去年もそうでしたが、今年も和紙作品展をしてござるというご案内を頂戴しました。
和紙って、いいですよね。
夢酔の名刺も、売ってるときはなるべく和紙の台紙にしてるんです。

2016年9月20日(火)~25日(日) 11:00~17:00までの期間。
茶房ギャラリー土籠で開催しております。
圏央道あきる野ICを降りて、秋川沿いの側道を行きます。川の反対側は東京サマーランドだ。
わからなくなったら、ギャラリーへ電話してね。
tel:042-559-9932

展示の状況は、お客さんも多くて肖像の問題もあるから撮影しませんでした。
茶房なだけに珈琲を頂いたので、美味しそうな御姿をお楽しみあれ。160922_111737.jpg

以前は朗読劇をやってた杉野さん。
またやって欲しいと思うところでござる。

和紙アートの世界。
ぜひ足を運んでみては如何でしょうか?

たぶん、好きな人はピピッと来るかな。
夢酔はピピッときましたよ。
  1. 2016/09/23(金) 10:12:51|
  2. 閑話休題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶらり市川

先週の鴨川につづいて、今週は市川に登場。

あっ、鴨川市郷土資料館は19日までだから。まだ間に合うぞ。一応、忘れずに伝えておきます。

今回の市川、いったい何ぞやということですが……

これだitikawa00.jpg
こまかいことはここを見るべし第12回いちかわ産フェスタ
市川・里見八犬伝というテーマで、市川乙女が攻めています。なんで、市川で里見八犬伝だと?もう、このblog常連さんには愚問でございますが、云っておこう。
市川は関東戦国史上、大きな合戦として、二度にわたる国府台合戦が起きた場所なのです。
世代を超え、状況を超え、基本的には「里見vs北条」という宿命の対決が行われました。国府台が戦場となった理由は諸説ありますが、ここが、交通の要所だったからという点が大きいと思います。そういうところは、とにかく大戦さ、特に野戦になり易い傾向があります。川中島とか、関ヶ原とかね。

いつもはマイカー属の夢酔ですが、首都圏ということもあり、電車男になって市川に参じました。
里見氏大河ドラマ化実行委員会副幹事長もお務めの福井功氏が、市川乙女×里見八犬伝の仕掛け人のようで、プロデュース甲冑衣装のイベントもあったようですが、夢酔は余裕かまして遅参したから観ておりません。写真だけ見せて貰いましたので、それで我慢。
写真、こちら
    
itikawaotome.jpg                 写真提供:CAMELSTUDIO/駱駝企画室(許可のない転記は×です)
我慢だ、我慢しよう。

当日の会場は盛況でした。最近足を運んだ地域のイベントで、恐らく最高の熱気と活気を感じたお祭りだ。スタッフと地域の情熱に、感服しました。itikawa01.jpg

入って直ぐに、手作り甲冑ブースがあるのですが、ハッキリ云って、里見氏大河ドラマ化実行委員会の秘密基地のような状況でした。itikawa02.jpg     今日は市川で、たくさんの署名が集まったようです。凄い……感謝
itikawa03.jpgitikawa04.jpgitikawa05.jpg
むかしは別の国だったという上総・下総・安房。
それらが一緒になって、今日の千葉県となっております。
気候風土も異なる以上、里見氏についても感覚的に温度差があるものかと思ってました。
しかし、里見という名前が、八犬伝にぶら下がってはいるものの、思いのほか浸透されているなぁと感じました。

実行委員会の皆さま、推進活動、本当にご苦労様でした。

itikawa06.jpg                                    そろそろ浴衣生地も着納めになるかしらん。温暖化次第では、まだ終わらんよというところでしょうね。


市川商工会議所の益々の御発展を御祈念申し上げます。


次は、南総里見まつりですね。itikawa07.jpg                             館山のみなさま、お邪魔します。







17日といえば、フジマリモに再び登場する日です。
富士北麓および山梨県東部の皆さま。今日も夢酔がやらかしております。どうか生温かく見守って下さいませ













戦国武将里見氏のNHK大河ドラマ放映を目指す「里見氏大河ドラマ実行委員会」が組織されています。里見氏終焉の地である鳥取県倉吉市、里見氏発祥の地の群馬県高崎市、そして館山市で、NHK側にドラマ化を働きかける運動を行っております。
「里見氏の物語をNHK大河ドラマで!」
 皆さまの温かいご声援をお願いします。


公式HPはこちら里見氏大河ドラマ化実行委員会

ポスター
 署名用紙はこちらに収納しております。
 活動の趣旨に御賛同いただけましたら、是非、こちらの署名用紙をプリントアウトのうえ、支援の程よろしくお願いします!


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村
  1. 2016/09/18(日) 06:48:00|
  2. 随筆・あっそう!里見発見伝
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ